周りより妊娠が遅い気がする… 不安になる夫婦。 彼らにとって衝撃的な言葉があります。      不妊[infertility] 医学的に避妊をせずに夫婦関係を継続していても1年間妊娠しない状態を指します M病院不妊施術成果 10年間 14万数名 体外受精 施術(2006~2015) 30代前半 妊娠成功率 54.4%(2015年基準) 43歳 100人中17人が妊娠(2015年基準) しかし最近は体に異常があっても、90%以上は妊娠が可能です。 変化する社会 環境によって多様になる不妊原因 晩婚化する結婚 原因疾患の増加 過度なストレス 無理なダイエット 女性だけが問題なんでしょうか? 最近、不妊は女性と男性 5:5の確率で現れるとみられています 正確な不妊診断の為にはより体系的な検査が必要だが “病院まで行くのが...”と躊躇する方が多いかと思われます。 難しい検査より最初の診察で意外に簡単に原因を発見されることもあります 友達に悩みを打ち明ける気持ちで、お問い合わせ頂けたらなりよりでございます。 あなたはすでに偉大なお母さんになる準備が出来ていますよ

Read More

このような悩みを持っている方は多いかと思います。 初出産後、自然な二人目妊娠を計画されていても思い通りにいかないケースが増えているんです。 不妊夫婦の約10~20%程は二人目不妊。 一人目出産後1年間子作りをしても子供ができない場合。 二人目不妊〜難しい問題?? 心配される方も多いかと思いますが、結論から申し上げますと・・・ 成功された出産を経験された点で言えることは 原因不明の不妊というよりは、 基礎疾患を持っている場合が多い為なんです。 一人目出産の過程で卵管に癒着されたり 過多出血、感染などに露出されている場合があります。 これに伴って、甲状腺機能低下や育児や日常生活の中でのストレスや体力的問題で二人目不妊が発生されます。 二人目不妊の原因は~?? 近年、晩婚が進み初産年齢が高くなっています。 共働き夫婦は夫婦関係の回数が減り、排卵時期に合わせて子作りをすることは簡単ではありません。 一人目出産後、充分な産後ケアを出来ていない方も少なくはないかと思います。 栄養の偏りや過度なダイエットなど、生理不順が多く卵巣機能低下している患者さんも増えております 男性の場合も、年を重ねていくにつれて 精子の活動性が減少され寄生精子も増えるということもあります。 運動不足と不規則な食生活、過食などで体重が増えることは ホルモン不均衡や障害を誘発されて、二人目不妊の原因となるんです。 韓国IVFセンターへの問い合わせでも二人目不妊の方も多くいらっしゃいます。 多様な基礎疾患を治療し、細心な管理を通して、 子宮および体全体の健康と身体機能を正常に回復させて二人目不妊についての問題を解決出来る様、サポートさせて頂きます! 不妊治療・二人目妊娠について気になることがこざいましたら、 お問い合わせくださいませ 韓国IVFセンター 現地日本人コーディネーターが丁寧にご案内させていただきます。

Read More

今日は排卵注射についてのお話です。 排卵注射は絶対しなければならないのですか? 不妊施術を通して妊娠成功の為に今日もたくさんの不妊夫婦たちが病院を訪問しています。 不妊施術を進行している方たちなら”排卵注射”を受けられたことがあるかと思われます 。 直接受けられた多数の方が気になっている部分のひとつ かという部分。 この問題についてひとつひとつお話をしていきたいと思います 自然的に生理周期中に卵巣で卵子が排卵されるためには絶対必要なホルモンがあります。 それは LHホルモン です。 このホルモンの急激な増加があると排卵になります。 LHホルモンの急激な増加があった後正確に36時間後に排卵が起こります。 体外受精の為には女性に排卵された卵子を採取して男性の精子と合わせて胚を作ります。 女性にある、より多くの卵子を採取するか排卵がきちんと出来ていない場合女性の為に体外受精中、 LHホルモンの吸収を人為的に作られるために排卵注射を受けるようになります。 直接打つのが難しい場合? 排卵注射は家で直接打たなければいけません。 ひとりで注射を打つことに拒否感があるまたは難しいなどがある場合は、 病院に訪れて打つというのもひとつの方法です。 韓国に訪れた患者様も病院に直接訪れて打たれる方もいらっしゃいます。 当センターでもサポートさせて頂きますのでご安心くださいませ。 正確にいつ打つのがいいのでしょうか? 普通は卵子採取は午前中に行われることが多く、逆算して36時間前に適切な時間が分かります。 大体卵子採取の2日前の夜(34~35時間前)に排卵注射を打たれるのが良いです。 簡単に説明すると・・・ 今日が6月20日(月)で2日後の6月22日(水)午前9時に卵子採取をすることになっていれば、 排卵注射は6月20日(月)夜10時30分ごろに注射を打ちましょう。 でも注射打つのがとても嫌です!という患者様へ 先ほどお話した通り、体外受精内で排卵注射を打つ理由は排卵を起こすためです。 しかし、それより重要な利用をご存じでない方もいらっしゃるかと思います。 排卵注射が重要なもうひとつの理由は ≪卵子を最後に成熟されるための目的≫です。 卵子採取2日前の夜に、忘れられたりミスで排卵注射を打てなかったり、 正確な量を打てなかったなどがあった場合は、 卵子の採取が確実に出来ていない不祥事が起こったり、卵子採取をしても未成熟の卵子が出て妊娠成功に良くない影響を起こりうる可能性ります。 結論的に体外受精の施術中の排卵注射は的確な排卵誘導と卵子成熟の為に絶対必要な注射であります。 正確な時間に正確な量を注射されることをご周知くださいませ。

Read More

こちら韓国は真夏だったのが朝晩はいきなり涼しくなってきました。お昼は相変わらず暑いですが・・・日本はいかがでしょうか? 韓国は基本的な四季は日本と一緒です。 皆様ご存じの通り、日本と韓国は 飛行機で約2時間の近さなんです !! 今日は体外受精の基本知識についておさらいしたいと思います。 体外に女性の卵子を取り出し、パートナーの精子と一緒にして受精させ、できた受精卵を子宮に戻して着床を促す治療です。 タイミング療法や人工授精からのステップアップや、体外受精でしか妊娠できないと判断された方(卵管性不妊や重度男性不妊など) 体外受精の流れ 低温期 卵巣刺激(排卵誘発)妊娠の確率を上げるために必要な最初のステップです。より多くの卵子を十分に成熟させて採卵するため、ホルモン薬(飲み薬と注射)で排卵をコントロールしながら行います。ホルモン薬の種類や投与方法などによって様々な方法があり、個々の卵巣の状態や患者様の希望に合わせて決定していきます。 採卵•採精成熟した卵子を排卵日の直前に体外に取り出します。この採卵と同じ日に採精も行い、受精の準備を整えます。 高温期 受精採卵した卵子を培養液の中で確認し、採精した精子は運動性の高い精子のみを取り出し、卵子と精子を一緒にして受精させます。 胚培養体外受精・顕微授精、各受精法で得られた受精卵は、専用の培養液で培養します。受精卵は、細胞分裂を開始すると「胚」と呼ばれます。通常移植されるのは、受精してから2〜3日後、もしくは5日目になります。その期間、インキュベーターと呼ばれる温度とガス濃度をコントロールし、体内と似た環境を作ることができる機械の中で培養します。 胚移植原則1個の胚を、子宮内に移植します。胚移植にはいくつかの方法があります。 このような流れで妊娠判定まて辿りつきます。 海外での体外受精と不安をもたれるかと思いますが、韓国在住の日本人コーディネーターがお手伝い致します

Read More

今日は排卵日の基本についてです。 排卵日は卵胞が裂けて卵子を排出する日を意味します。次の月の生理予定日から14日前が排卵予定日排卵日基準の5日前、2~3日後程度の期間が排卵期といい、この排卵期は’可妊期間’と思います。 そうではありません。卵子と精子がお互いに会って受精されてこそ、妊娠になるからです。排卵日という妊娠の確率がより高い日と思ってもいいです。特にや排卵日や排卵期に女性の卵子が出ており、卵子の生存期間は24時間で精子の生存期間は4~5日程度かということを必ず記憶しなければなりません。そのためにこの時期に合わせて関係を持つと妊娠の確率が高まるということです。 周期が30日の人を例をあげてみたら、最近生理開始日が6月25日だったら、次の生理予定日は7月24日になることです。次の生理予定日の14日前の7月10日がまさに’排卵予定日’になり、今後の5日と後の2~3日程度の7月5日~7月13日程度が排卵期と見てはなります。ただし、個々人の生理周期によって排卵日や排卵期は変わることもあります。 排卵期が来る前の時期である卵胞期があります。この時期は卵子が成熟し、排卵を準備する段階です。卵子を含んでいる卵胞が成長しているために卵胞期といい、この時期が過ぎた後排卵期となり、’プロゲステロン’が分泌され始めます。プロゲステロンは体内熱を生成するために体温の上昇が実施されるために普段より体温が高まり始めたとすれば、排卵が始まったと見ることができます。体温は、少なくとも4時間寝て起床直後、本格的な活動を開始する前に体温を測定することが一番いいです。最近、月経から次の排卵前までは体温が一時的に若干低くなって、排卵が始まり、体温が約0.2~0.4度程度上昇します。また、排卵は体温が上昇した1~2日の間に起きます。 排卵によって現れる多様な身体的症状にも調べることができます。腹痛や排卵血、気持ちの変化や乳房の痛みなど生理前症候群のような症状が現れれば、排卵期と見ることができます。しかし、このような症状がなく過ごしている場合もあり、盲信することはできません。 排卵が起こる前’下垂体’では’LH’という物質を分泌します。これは尿に排出されるために小便検査を通じて確認が可能です。この検査キットは’排卵テスター機’という名称で薬局で購入することができ、養成が出れば、12~36時間以内に排卵が始まるという意味であり、陽性反応が出た翌日に妊娠の確率が高くなります。 病院では血液検査を通じて排卵日を確認することができます。血中プロゲステロンの変化を確認する方法であり、生理周期が不規則だった時、産婦人科で超音波検査や血液検査などを通じて、卵胞の大きさなどの排卵の有無と、生理周期を測定することができます。

Read More

通常体外受精の手術時は、卵子を育てる過排卵注射を打たれ、複数の卵子を採取しますよね。  卵子凍結の過程も似ています。 卵子の成長を定期的に監視し、 卵子採取スケジュールをたてます。 すぐに体外受精の手術をしない場合 などを調べて最も健康な 卵子をマイナス196度で凍結処理します。 現行法上、最大5年間保管することが出来るのです。 若いときの健康な妊娠力を預けて、必要なときに取りに行って使うことができますので、  満30歳を過ぎた未婚女性やしばらく子供の計画がない夫婦には とても良い不妊予防策です。  卵子・胚を凍結すると、その中の90%は、 現在の状態のまま保持されます。 一部破損している場合を除いて、 数年後、解凍しても先ほど採取した卵子と 機能的に大きく違いがありません。 冷凍卵子・胚の妊娠する確率は、新鮮な卵・胚と 似たような80%程度です。 卵子・胚を解凍した後、2〜3回受精させるとほとんど妊娠することが出来ます。 病院固有の冷凍技術を適用して卵子の損傷を防ぐことができます。 卵子の細胞内には、水成分が多く凍らす過程で氷の結晶が生じ破損することがあります。 高濃度の酵素処理をした後、液体窒素で急速凍結して 氷点下196度の環境で保管します。 韓国にあるA病院では、 融解胚の生存率の向上と 移植胚の着率、妊娠率向上のためというより、女性たちが利用しやすく、信頼性の高い新しい冷凍保存の容器の開発を進めています。  実験用モルモットの胚を用いた予備実験の結果、 分裂期・ポベギ胚の両方で、既存の使用中の 冷凍保管容器より優れた結果を見せ、 必要性が増大している卵子の保管にも 適合することを確認して学術誌に発表したそうです。時代は変わっています。新しい不妊治療の方法の知識を得ましょう

Read More
自然周期 体外受精

自然周期 体外受精 自然(Natural)IVFは 自然周期 体外受精 と知られています。 既存のIVF方式と違い、身体に負担が少なく特に、卵巣を低刺激し、進行します。 Natural IVFは女性の自然な生理周期に合わせて卵子を採取します。この方法は薬や注射などを使用していません。 自然に体から生成される一つの成熟卵子を安全に採取する事に目的をおきます。採取した卵子は精子を受精卵として再び子宮に着床させます。  この時更に良い授精率に向けてICSI方式で健康な精子を選び、授精をさせます。    一つの卵子を採取するために卵子の数より質に重点を置き、正確かつ繊細に扱って最高の成功率を得るために努力します。 Natural IVFの長所 成功率の上昇-さらに細かく、精密に卵巣の状態を観察して診断します 比較的どんな方へも可能-低いAMHの数値/高いFSHの数値/過敏性または低い卵巣の機能を持った方たちへも可能です 良い等級の卵子を獲得-固有周期を通じて得た卵子はさらに優れています 子宮に優しい-過度な排卵のための薬と注射でから子宮が受けるストレスを避けることができます 健康な赤ちゃん-固有周期IVFを通じて妊娠した赤ちゃんは満期自然分娩する確率がもっと高いです 治療の負担 -薬と注射の後遺症の心配がいらない 女性に安全 –OHSS卵巣と排卵症候群から安全です 費用が安い ー注射や薬代などを節約することができます 特に 自然周期 体外受精 が必要な方たち 卵巣機能が低い方 低いAMH検査の数値 高いFSH検査の数値 過去過度な排卵注射と薬に反応が良くない方 高齢妊娠の試み, 本人の卵子を採取して行う方

Read More

男性不妊 の見分け方 Q:女性の妊娠しやすい体質って何かあるのでしょうか?A:標準体重である事。これが、一番です。    極度に痩せていたり、太っていたりまた、過激なダイエットなんかも100発100中生殖器の    能力が落ちて妊娠が困難な状態を作っています。   運動だってやり過ぎは逆効果なんです。 Q:では、男性はどうですか?  男性の睾丸が小さいと95%が不妊と判断できます。  最近は男性が不妊の場合が多いです。 A:では、女性と男性で不妊の割合はどうでしょうか? Q:”大体50対50”です。 男性としては、どんな問題があるのでしょうかね~ 男性は只々、精子を提供する役目しかありません。 精子の数が少なかったり、或いは精子の運動量が低かったり、精子が奇形の数が多かったりする場合が大部分ですよね。 男性もストレスや喫煙・飲酒などから不妊の原因を引き起こします。 Q:事前に不妊だと分かる方法ってあるのでしょうか? A:特徴としては、睾丸が小さい男性は95%が不妊と言えます。  睾丸のサイズは大体、最低でも栗の大きさでなくてはなりません。 これは個人差ですが、豆ぐらいの大きさの男性もいます。この場合、不妊の確立がかなり高いと判断できます。 では、男性も女性も原因の分からない不妊と判断された方も近年では結構いますが、 医学的に分から無いと判断していいのですか? 不明って事で、原因が無いって事ではありません。医学的に解明できないと言うよりも、検査をむやみに行う事が出来ないじゃないですか?例を言うと卵管の機能が落ちているなら、その卵管にメスを入れて、染色体の検査をしなくてはいけないのですが、そんな攻撃的な検査をしたらもっと大変な不妊になってしまったりしますから、その時にふさわしい検査までしかできないのです。 体外受精の成功率を皆さん良く、尋ねられますが、基本的に成功率は70%です。 15年前とかの昔は成功率40~50%でしたが、現在は70~80%が一回で成功します。 ただ、成功が難しい方達は数回しても難しい場合があるので成功率に影響が及んでいるだけです。 体外授精をして17回目で妊娠した例だってあります。 1年に4回ほど施術をしていたので、5年ほど掛かったケースです。成功したのが42歳で その感動は今でも良く、覚えています。 また、別の患者さんで6回も体外受精をされた方が居ます。 卵子の問題もあり子宮の状態も良くありませんでした。 当初の印象は暗く表情はとても鬱ぽい印象でした。 ところがある日(6回目の時)表情が明るくなっていて、何かいい事あったのですか?と聞いたら、”最近主人がとっても優しくなった。”って言ってました。 そして、その日は卵子採取をされたのですが、驚くほどに状態が良くって依然とは天と地ぐらいの違いが分かるほどでした。 そして、体外受精に成功して双子の親になりました。 実はこの方へ卵子提供の話をしなくてはならないと、準備していたのですが... ご主人次第で女性の心の動きがこんなにも、体に影響を与えてるんだと改めて学んだ時でした。 ですから、男性の方達!!絶対に女性に良くしてあげてください。 もしかしたら、貴方の奥さんは一人で悩んで一人で頑張っているかもしれないですよ。

Read More
人工授精

人工授精とは? 人工授精 (AIH)は、女性の排卵日あるいはその前日 (超音波検査やホルモン検査などから決定)に、夫の精液を洗浄・濃縮し、 良質な精子を子宮内へ直接注入する方法です。 子宮脛内精子注入法(IUI)ともいわれ、運動精子の数や比率が少ない、 適切な性交ができない、タイミング指導で妊娠できないなどの場合が 適応となります。 人工授精の妊娠率は1周期あたり7~9%、また人工授精で妊娠が できた人の殆どは5~6回以内、特に1~2回目で妊娠をしています。しかし、人工授精を5回行なっても妊娠できない場合は、 体外受精ヘステップアップをします。 人工授精と体外受精の違い 人工授精は、体内で自然妊娠を成立させるための一般不妊治療の1つです。つまり、受精や胚の発育はすべて、体内で起こります。排卵日を特定して、その日に合わせて濃縮した精子を子宮の中に注入します 人工授精で確認が出来ない事  実際に精子が卵子まで到達できているのか? 正常受精が成立したのか? その後、どのように発育したか? 正しく子宮までたどり着いているのか?

Read More

  さてさて、今日はtamagoo.jp掲載の内容をご紹介です。 日本と一緒で、少子化問題は深刻化しているのは事実です。 しかし、日本とは制度がちょっと違います。 一味違うお隣の国韓国の出産事情と少子化問題を考えて見てください。 https://tamagoo.jp/give-birth/korea-declining-birthrate-problem/  

Read More