通常体外受精の手術時は、卵子を育てる過排卵注射を打たれ、複数の卵子を採取しますよね。

 卵子凍結の過程も似ています。
 卵子の成長を定期的に監視し、 卵子採取スケジュールをたてます。


すぐに体外受精の手術をしない場合

卵子の形・大きさ・透明度

などを調べて最も健康な 卵子をマイナス196度で凍結処理します。
 現行法上、最大5年間保管することが出来るのです。

若いときの健康な妊娠力を預けて、必要なときに取りに行って使うことができますので、

 満30歳を過ぎた未婚女性やしばらく子供の計画がない夫婦には

とても良い不妊予防策です。

5年後に解凍しても妊娠するのに問題ないか?

 卵子・胚を凍結すると、その中の90%は、 現在の状態のまま保持されます。
 一部破損している場合を除いて、 数年後、解凍しても先ほど採取した卵子と 機能的に大きく違いがありません。

冷凍卵子・胚の妊娠する確率は、新鮮な卵・胚と
 似たような80%程度です。 卵子・胚を解凍した後、2〜3回受精させるとほとんど妊娠することが出来ます。

病院固有の冷凍技術を適用して卵子の損傷を防ぐことができます。

卵子の細胞内には、水成分が多く凍らす過程で
氷の結晶が生じ破損することがあります。
 高濃度の酵素処理をした後、液体窒素で急速凍結して 氷点下196度の環境で保管します。

韓国にあるA病院では、

融解胚の生存率の向上と 移植胚の着率、妊娠率向上のためというより、女性たちが利用しやすく、信頼性の高い新しい冷凍保存の容器の開発を進めています。

 実験用モルモットの胚を用いた予備実験の結果、 分裂期・ポベギ胚の両方で、既存の使用中の 冷凍保管容器より優れた結果を見せ、 必要性が増大している卵子の保管にも 適合することを確認して学術誌に発表したそうです。
時代は変わっています。
新しい不妊治療の方法の知識を得ましょう

1 Comment

  1. […] 培養後、移植胚を除いた残りの胚は、凍結保存をした後で、追加胚移植をすることができます。このため、凍結過程と融解過程は、保管方法も重要です。胚の生存性移植の成功率を高めようと、最新の凍結装置と最適化された凍結培養液を使用しています。これにより、凍結された胚の生存率と移植後の高妊娠率が期待できます。 […]