Skip to content
不妊治療 韓国病院エージェント
日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com

体外受精の基礎知識

こちら韓国は真夏だったのが朝晩はいきなり涼しくなってきました。お昼は相変わらず暑いですが・・・日本はいかがでしょうか?

韓国は基本的な四季は日本と一緒です。

皆様ご存じの通り、日本と韓国は 飛行機で約2時間の近さなんです !!

今日は体外受精の基本知識についておさらいしたいと思います。

体外受精とは、


体外に女性の卵子を取り出し、パートナーの精子と一緒にして受精させ、
できた受精卵を子宮に戻して着床を促す治療です。

体外受精を行うケースは?


タイミング療法や人工授精からのステップアップや、
体外受精でしか妊娠できないと判断された方(卵管性不妊や重度男性不妊など)

体外受精の流れ

低温期

卵巣刺激(排卵誘発)
妊娠の確率を上げるために必要な最初のステップです。より多くの卵子を十分に成熟させて採卵するため、ホルモン薬(飲み薬と注射)で排卵をコントロールしながら行います。
ホルモン薬の種類や投与方法などによって様々な方法があり、個々の卵巣の状態や患者様の希望に合わせて決定していきます。

下矢印

採卵•採精
成熟した卵子を排卵日の直前に体外に取り出します。この採卵と同じ日に採精も行い、受精の準備を整えます。

下矢印

高温期

受精
採卵した卵子を培養液の中で確認し、採精した精子は運動性の高い精子のみを取り出し、卵子と精子を一緒にして受精させます。

下矢印

胚培養
体外受精・顕微授精、各受精法で得られた受精卵は、専用の培養液で培養します。
受精卵は、細胞分裂を開始すると「胚」と呼ばれます。
通常移植されるのは、受精してから2〜3日後、もしくは5日目になります。
その期間、インキュベーターと呼ばれる温度とガス濃度をコントロールし、体内と似た環境を作ることができる機械の中で培養します。

下矢印

胚移植
原則1個の胚を、子宮内に移植します。胚移植にはいくつかの方法があります。

このような流れで妊娠判定まて辿りつきます。

海外での体外受精と不安をもたれるかと思いますが、韓国在住の日本人コーディネーターがお手伝い致します

Scroll To Top