日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com

PGS 受精卵 染色体 検査の説明

 

一般的に体外受精施術(IVF-ET)は精子と卵子が出会い誕生した受精卵を約3日から5日間 体外受精を通じて育った後、特別な異常が無くきちんと孵化していると判断されたグレードの高い受精卵を選別をして子宮に着床する方法です。しかし、受精卵をただ見ただけでは健康な”グレードの良い受精卵”と選別する事は難しく、検査をせずにいると妊娠成功率が低くダウン症候群の様な先天的奇形や遺伝的疾患を持って産まれる確率が高い問題があるのは事実です。

アメリカやヨーロッパなど先進国では体外受精施術の妊娠成功率を高めるための多様な着床前染色体選別検事(PGS)が施行されています。韓国も PGSは革新的な DNA 増幅分子診断技術 (Whole Genome Amplification, WGA) 科マイクロアレイ array CGH 技術を利用し、胚移植(ET)を施行する前に正常染色体を持った胚を選別してくれる最尖端技術で行われています。

 

p_scn_img01

検査順序

1段階 : 3日(blastomere) または、 5日目(blastocysts)に出来る 胚細胞の一部を採取

 

2段階 : 採取した細胞から DNA全体から重複反応を実施

3段階 : 重複した DNAを高密度 マイクロアレイハイブリッド化反応を検査

4段階 : 反応が終わった後、 Scannerで 精密分析し結果を迅速に伝えます。

技術の重要な長所

  • 既存の着床前 FISH検査に比べて染色体皆を一度に迅速, 正確に把握することができます。
  • 全体 DNA 重複技術(Whole Genome Amplification)を通じて単一細胞でも正確に分かります。
  • 両親の中で片方でも染色体異常ある場合にも胚の正常染色体を正確に選別することができます。
  • 特に東アジア人種に対する DNA 重要部位に対する専門的な BAC cloneを確保していて, 該当の部位を正確に分かります。
  • マイクロアレイ分析専用ソフトウェアを通じて正確と早い結果分析が可能です。
既存の受精卵 選別方式  - 肉眼検査により移植する胚芽を選択
既存の受精卵 選別方式 - 肉眼検査により移植する胚芽を選択
%
一般 IVF 着床 成功率 約 30%~ 35%
PGS染色体 検査で優秀で正常な受精卵を選んで着床
PGS染色体 検査で優秀で正常な受精卵を選んで着床
%
PGS IVF 着床 成功率 約 65%~ 75%