習慣的流産で悩まれている患者様も多いかとおもいます。
対策する為になりより重要なことは妊娠前検査を受けることです。

習慣的流産の原因

染色体の異常


ホルモン異常

免疫学的異常

子宮異常

血栓症の疑い

原因不明

検査にはどんな種類があるでしょうか??

染色体の検査


ホルモンおよび代謝の異常検査

感染検査

子宮奇形検査


免疫学的検査

血栓症検査
など

治療方法について詳しく見てみましょう

染色体異常が原因の場合


受精卵に着床前遺伝検査を通して、正常な胎芽のみを選択して移植します。

ホルモンおよび代謝の不釣り合い疾患を伴っている場合


妊娠前からの管理が必要です。

免疫学的に異常がある場合


免疫グロブリンなど免疫抑制治療を行いましょう。

子宮に異常が発見された場合


内視鏡手術で病変を取り除く治療を行います。

胎盤中に血栓が出来て胎児へ円滑に血液供給が行われない場合


アスピリンを服用して治療を行います。

安易に根拠のはっきりしない治療を受けるのではなく、しっかりと説明や相談対応を受け、次回の妊娠に対する不安を取り除くことが重要です。