Skip to content
不妊治療 韓国病院エージェント
日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com

男性も妊娠力を

こんにちは  韓国IVFセンターです。
妊活に向けて一緒に悩んで、道を探していきましょう。
私たちは不妊治療の疑問や改善を正面から考えます。

本日はテーマは
男性も妊娠か能力を維持しなければならない。

妊娠は男性の力・精子の力も大事ですよね。

男性も妊娠可能力を維持しなければならない時です。

 女性が年を重ねると妊娠できる能力が落ちてくるという事は
多く知られている事です。

 これにより女性は
遅くなる結婚・出産に備え
妊娠可能な力の維持を考慮する方が多いです。

 女性とで男性も妊娠することができる能力、
妊娠可能な力を維持しなければならない場合があります。

 A.精管切除の施行前後に子供が欲しいと思うときも
精管復元術をしたくない場合。

B.調整機能査定障害を引き起こすことができる疾患の治療前
ex)白血病、リンパ腫、精腫瘍など
C.妻の排卵日に院することが出来ないとき

 また最近、男性も年を取ると妊娠可能な能力が減るという
研究結果が発表されました。

 男性も妊娠可能年がある”

-Beth Israel Deaconess Medical Center, 2017-

女性が一生使う卵子を持って生まれ、
質の良い卵子をに使い果たしてしまった場合が多いと、
男性の妊娠可能な力が年をとるに
減少するという理由は定かではありません。 

大体年齢を重ねると生活習慣などの理由で
精子の質が悪くなる場合が多いですね。


男性の妊娠可能力を維持する方法は大きく2つあります。

1.精子凍結保存
2.睾丸組織凍結保存

 精子凍結保存法は、基本的な性病査と精液
精子凍結に適している場合に選することができます。
35日禁欲後院して、射精で
採取した精子を凍結します。

 睾丸組織凍結保存は、無精子症など
自己精子採取が不可能な場合実施します。
精巣組織の精子採取術で睾丸組織採取後
確保した精子を凍結する方法です。

男性も健康な子供のために
積極的な準備が必要です。

 
精子奇形・精子の数の減少・無精子など
男性不妊の原因はさまざまです。

れになる前に韓国IVFセンターを通じて
男性不妊クリニックで
ご自分の妊娠可能力診受けてみてください。

Scroll To Top