男性の精子検査は不妊治療において重要な部分です。

しかし、この検査は男性の患者にとってなじみが薄く本人の結果に驚く事が多くあります。

韓国IVFセンターが下記の通り全体的な精子検査の手続きと検査結果を理解する方法を案内します。

精子検査前の準備

当日十分な精子の量を受けるために精子採取日の3日前から禁欲生活をしなくてはなりません。

 

精子採取の場所

精子採取は病院内の精子採取個人室或いは宿泊先で自慰行為を通じて行います。
もしも宿泊先で採取される場合は採取したケースを1時間以内に病院に届けなくてはなりません。

射精の瞬間、最初に出る精液に著しく多くの精子が含まれているので、この事を知った上で、指定された精子採取ケースに精液を収めてください。

 

知ることができない理由で自ら精子採取が難しかったり、身体の状態から採取が困難な場合は病院の施術を通じて精子採取を行う事が出来ます。

精子検査結果分析

一般的には精子検査後精子の評価は WHO世界保健機構の基準に従います。

これは良性な精子検査の基準です。

 

精子の量(volume) :

1.5ml以上の場合良性です。精子の量は禁欲機関、採取方法、年齢、ホルモン数値、健康状態などに沿って差がでます。

 

精子数(total count)

総 精子数を言うならば一般的に39百万個 以上の場合、良性です。

 

精子の色:

採取食後一般的に白色を帯びます。

 

精子の濃度(concentration)

精液 1㎖ 中にある精子の数を示します。15百万個/ml以上の場合、良好。

 

精子活動性(Sperm motility) :

全体精子に比べて活動する精子の比率です。一般的に40%以上一時良好です。

 

精子の生存性(Vitality)

58%以上なら良好です。

 

精子直進運動性(rapid progressive motility)

良い精子は早く前に線形的に直進する運動性を見せます。同じ場所で運動したり、動きに力がない精子と比較が出来ます。一般的に32%以上の場合良好です。

 

精子酸性指数(ph) :

精子の酸性指数は7.2以上の場合良好です・

 

もしも幾つかの項目の検査結果が基準よりも良くないのが多かったとしても
数週~数ヶ月健康管理と栄養改善を通じて精子の状態を十分に改善する事が出来きます。

韓国IVFセンターからは幾つかのノウハウ管理を通じて精子検査結果が良くなかった60代前半の男性を管理したのち、40代前半と同じくらいに精子検査結果を改善した事があります。

良い精子の形態について

体外受精の成功確率を上げるためには十分な精子の数と一緒に精子の形も重要です。

韓国IVFセンターでは案内するすべての体外受精はICSI精子微細挿入施術を含めています。微細顕微鏡で精子の良い形を確認し性別した後、優秀な精子を優先して卵子と受精をさせる技術です。これで少し高い体外受精の成功率を期待する事が出来ます。

非正常的な精子形態

現代男性の場合、大部分全体精子中の良い精子の形の比率は3~8%ぐらいです。
それなので、だいたい4%以上なら良好だと見ることが出来ます。

非正常 形の40%~70%は精子の 頭部分と関連があります

 

 

非正常の評価の種類は下記の通りです。

  • 精子頭の形と大きさなどの異常 (tapered, pyriform, round, amorphous, large and small, Vacuoles)
  • 全体形対比頭の大きさの比率
  • 曲がっているしっぽ
  • 尾欠陥(短い尻尾 (short tail), 長い尾(long tail), 絡まる尾(coiled tail), 幾つかの尾(multiple tails)
  • 幾つかの頭
  • その他

正常精子形と非正常精子の形の図

男性の精子検査
男性の精子検査2

実際の精子の写真

男性の精子検査3

非正常精子形の原因

  • DNA 異常
  • 遺伝
  • 化学物質
  • 睾丸の異常 (高温など)
  • タバコ
  • カフェイン
  • 薬物
  • 放射線
  • ホルモン異常
  • 食生活
  • ストレス
  • 他 原因不明

改善法

精子の形と能力を改善のためにはいろいろな方法がある。
韓国センターでは最高の妊娠成功率を上げるため、いろいろな助言と栄養剤を案内しています。でもこのような改善努力は短期間で効果を見ることはできず、最小1か月以上、一般的には3か月以上の努力で効果を見ることが出来ます。詳しい内容は相談を通じて知ることが出来ます。