妊娠に役立つ栄養剤

Aid back prescription for ART 人工授精∙体外受精の助け処方とは? 妊娠に役立つ栄養剤 : 補助生殖術[ART]は、卵巣や精巣から直接卵子や精子を採取して、不妊治療に用いるすべての施術方法を総称する言葉です。妊娠のための薬物治療のほか、より根源的かつ技術的に深く関与している人工授精[IUI]、体外受精[IVF-ET]と卵子細胞質内精子注入術[ICSI]などが一般的な施術です。 □ これら排卵誘発剤と並行して不妊治療夫婦の妊娠に役立つ処方[aid back presciption]としては? – 機能改善補助 [L-arginine]** – 糖及び脂質代謝の改善 [Isomer Inositol]***** – 細胞のエネルギー代謝を促進 [Co Enzyme Q10]*** – 子宮内膜発達[Vitamin D3]*** – 卵巣ホルモン [PUFA-w3]*** – 卵巣老化抑制 [d-a-Tocopherol]*** – 遺伝子多形性の抑制 [Folic Acid]*** – 健康な子宮環境 [Grape seed oil_Resveratrol]*** – 酸化ストレス消去 [Multi-Viramins & Minerals] – 複合栄養剤 [FertilityBlend]**** などがあります。 妊娠に役立つ栄養剤 – 1…

Read More

こんにちわ。韓国IVFセンターへようこそ。 不妊克服 – 不妊を克服するためには病院での治療療法を一生懸命に行うのとともに、 日常生活での悪い習慣を改善する格別の努力が必要ですよね。 何よりも女性の体内環境を造成してくれるシステムは非常に重要な部分です。 今日の妊娠に役立つ情報は体作りについて。 え?今更??って思われるかたもいらっしゃるかと思いますが、 妊娠って体作りが一番大事だと思っております!今更ですが基本からまいりましょう! 1)起床直後は生温いお水一杯と共にストレッチをして、2時間以内に十分な朝食をとる。 このように安定的でバランスの取れた生活は 妊娠環境を最適化する役を与えます。 2)少なくとも5種類以上の果物と野菜、水産物などを食べること。 バランスの取れた食事はホルモン不均衡を正すお手伝いをしてくれます。 3)少なくとも一日に計3回(中間の大きさの果物1/2×3回)の果物の摂取すること。 最適の生殖 環境維持の助けになります。 4)食事の度に豆と堅果類、魚などのたんぱく質の摂取。 生殖ホルモンのバランスを維持するのに役にたち、子宮内膜の着床環境を向上させます。 5)高タンパク貯炭手荷物を選択すること。 消化が容易な全穀類(玄米、もち米、オート麦,アマニン、豆類、栗、モロコシ、米、麦、トウモロコシなど)がいいです。 6)エゴマ油と アマ、オリーブオイルなどの健康な脂肪を選択すること。 体外受精手術をよる妊娠率の向上に役立ちます。 7)十分な水の摂取すること。 毎日1.4~2L程度の水を飲みましょう。 ただ、酒、炭酸飲料、コーヒーなどは避けなければなりません。 8)夕食後断食すること。 肥満と過小体重、 着床環境を妨害する悪い習慣は避けなければなりません。 9)生息環境に役立つ生殖健康ビタミン剤の摂取すること。 普段の食事だけでは摂取すること大変な栄養素を摂取することができる良い方法です。 10)活動的な生活をするように努力すること。 運動は生殖能力にも役立ちます。 また、体の中の冷気が抜けて体温が上がるのに役立ちます。

Read More
体外受精,顕微授精

体外受精 と 顕微授精 の違いをご存知ですか? ざーっと話しますと、体外受精はプレートに入った一つの卵子にいくつかの元気の良い精子が卵子に向かっていける様に、体内ではなく体外で受精し易い環境を準備してあげる行為を言います。そこで、勝ち残った受精卵を育てて女性の子宮に戻して無事着床する経過し妊娠判断が出るのを待つのです。 一方、顕微授精は名の通り顕微鏡を使用して卵子と精子を極々細い注射器で受精をする事を言います。顕微鏡が必要なので顕微授精ですね。 どちらも、受精は体外で行われ子宮に戻し着床成功し妊娠判断の結果を待つといった流れになります。 卵子と精子の採集は? 女性は排卵誘発をしてから卵子を採卵します。 男性はマスターベーションで精子を採取します。 コンディションによって状態も異なりますから、よし!体外受精に向けて体力づくりをするぞーとか生活のリズムを変えるぞーなど、また は食生活を改善するなど出来ることは気持ちを楽に、出来るだけ気持ちが良い状態で出来るように心掛けてください。 ”しなければならない”重さに負けない様に! 改善の結果は即!現れるわけでは無いので、くれぐれも事前に心掛けましょう~。 では、成功率は? 上記にもある様により精密な技術を要する顕微授精の方が成功率は高いですね。よって、金額的にも顕微授精の治療費の方が高くなります。 しかし、体外受精を何度も繰り返して行うよりは顕微授精を選択される方も最近は多い様です。理由はそれぞれですが、精神的な面・体力的な面・時間などの面からもよくよく考えてより良い選択をしてください。

Read More
妊活と妊娠

敏感な私たちの体!気持ちに余裕が無いと、ストレスの大波に飲み込まれちゃいます。 妊娠しやすい体質ってどんな体質でしょうか? 心身ともにストレスが無い事が第一条件 健康でもストレスからダメージを受けると繊細な細胞は壊れて、体が辛くなったり、発想もマイナスになります。常にネガティブでいられるのは無理な事ですよね。みんな、喜怒哀楽があって泣いたり笑ったりするからこそ健康なんですよ~。 私たちのホルモンは脳の視床下部と下垂体を通じて分泌されます。なので、女性・男性問わずストレスはホルモンと大きな関係を司っています。 ここから、生理不順・子宮,卵巣機能障害(生理は来ても排卵が無い)・男性不妊症などに繋がります。 どうやって、ストレスを発散する生活をするか?一番うれしい!幸せ!って感じる瞬間をまず自己チェックしてみるのも良いでしょう。ある人は、美味しい物を食べる事だったり、運動・じっくり読書・友達とおしゃべり・映画・コンサート・思いっきり遊ぶ・ショッピング・お酒~~~趣味に没頭は効果があります。但し、お酒やたばこは妊活へは非協力的存在ですから、避けた方がベストです。 体重の管理の条件 痩せすぎていたり、太りすぎていても妊活には影響があります。 これも、男女共通している点で、ホルモン(やっぱりホルモンが関係)のバランスを崩して障害が起き始めます。 痩せている方は無駄が無くスタイルも良くっていいですよね。しかし、私たちの皮下脂肪は女性ホルモンを生成する重要な部分でもあります。なので、男女共通で女性ホルモンの高い低いはここからも関係がある事を知っておいてソンはないですよね~。 むむむ...かなり手ごわいホルモン! そこで、BMI方式で計算してみてはいかがでしょうか?BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)} BMI(ボディマス指数 Body Mass Index:肥満指数) 計算をして自己の標準体重を知っておくとを薦めます~。 やせ型=18.5未満・肥満型=25以上の場合を肥満と定めています。ご参考まで~。 結論としては! ”妊娠しやすい体質”はストレスを上手に発散して、適正体重をキープしている人が妊娠し易いホルモンの保持者です。 頑張って妊活しましょう~。

Read More