周りより妊娠が遅い気がする… 不安になる夫婦。 彼らにとって衝撃的な言葉があります。      不妊[infertility] 医学的に避妊をせずに夫婦関係を継続していても1年間妊娠しない状態を指します M病院不妊施術成果 10年間 14万数名 体外受精 施術(2006~2015) 30代前半 妊娠成功率 54.4%(2015年基準) 43歳 100人中17人が妊娠(2015年基準) しかし最近は体に異常があっても、90%以上は妊娠が可能です。 変化する社会 環境によって多様になる不妊原因 晩婚化する結婚 原因疾患の増加 過度なストレス 無理なダイエット 女性だけが問題なんでしょうか? 最近、不妊は女性と男性 5:5の確率で現れるとみられています 正確な不妊診断の為にはより体系的な検査が必要だが “病院まで行くのが...”と躊躇する方が多いかと思われます。 難しい検査より最初の診察で意外に簡単に原因を発見されることもあります 友達に悩みを打ち明ける気持ちで、お問い合わせ頂けたらなりよりでございます。 あなたはすでに偉大なお母さんになる準備が出来ていますよ

Read More

このような悩みを持っている方は多いかと思います。 初出産後、自然な二人目妊娠を計画されていても思い通りにいかないケースが増えているんです。 不妊夫婦の約10~20%程は二人目不妊。 一人目出産後1年間子作りをしても子供ができない場合。 二人目不妊〜難しい問題?? 心配される方も多いかと思いますが、結論から申し上げますと・・・ 成功された出産を経験された点で言えることは 原因不明の不妊というよりは、 基礎疾患を持っている場合が多い為なんです。 一人目出産の過程で卵管に癒着されたり 過多出血、感染などに露出されている場合があります。 これに伴って、甲状腺機能低下や育児や日常生活の中でのストレスや体力的問題で二人目不妊が発生されます。 二人目不妊の原因は~?? 近年、晩婚が進み初産年齢が高くなっています。 共働き夫婦は夫婦関係の回数が減り、排卵時期に合わせて子作りをすることは簡単ではありません。 一人目出産後、充分な産後ケアを出来ていない方も少なくはないかと思います。 栄養の偏りや過度なダイエットなど、生理不順が多く卵巣機能低下している患者さんも増えております 男性の場合も、年を重ねていくにつれて 精子の活動性が減少され寄生精子も増えるということもあります。 運動不足と不規則な食生活、過食などで体重が増えることは ホルモン不均衡や障害を誘発されて、二人目不妊の原因となるんです。 韓国IVFセンターへの問い合わせでも二人目不妊の方も多くいらっしゃいます。 多様な基礎疾患を治療し、細心な管理を通して、 子宮および体全体の健康と身体機能を正常に回復させて二人目不妊についての問題を解決出来る様、サポートさせて頂きます! 不妊治療・二人目妊娠について気になることがこざいましたら、 お問い合わせくださいませ 韓国IVFセンター 現地日本人コーディネーターが丁寧にご案内させていただきます。

Read More

こちら韓国は真夏だったのが朝晩はいきなり涼しくなってきました。お昼は相変わらず暑いですが・・・日本はいかがでしょうか? 韓国は基本的な四季は日本と一緒です。 皆様ご存じの通り、日本と韓国は 飛行機で約2時間の近さなんです !! 今日は体外受精の基本知識についておさらいしたいと思います。 体外に女性の卵子を取り出し、パートナーの精子と一緒にして受精させ、できた受精卵を子宮に戻して着床を促す治療です。 タイミング療法や人工授精からのステップアップや、体外受精でしか妊娠できないと判断された方(卵管性不妊や重度男性不妊など) 体外受精の流れ 低温期 卵巣刺激(排卵誘発)妊娠の確率を上げるために必要な最初のステップです。より多くの卵子を十分に成熟させて採卵するため、ホルモン薬(飲み薬と注射)で排卵をコントロールしながら行います。ホルモン薬の種類や投与方法などによって様々な方法があり、個々の卵巣の状態や患者様の希望に合わせて決定していきます。 採卵•採精成熟した卵子を排卵日の直前に体外に取り出します。この採卵と同じ日に採精も行い、受精の準備を整えます。 高温期 受精採卵した卵子を培養液の中で確認し、採精した精子は運動性の高い精子のみを取り出し、卵子と精子を一緒にして受精させます。 胚培養体外受精・顕微授精、各受精法で得られた受精卵は、専用の培養液で培養します。受精卵は、細胞分裂を開始すると「胚」と呼ばれます。通常移植されるのは、受精してから2〜3日後、もしくは5日目になります。その期間、インキュベーターと呼ばれる温度とガス濃度をコントロールし、体内と似た環境を作ることができる機械の中で培養します。 胚移植原則1個の胚を、子宮内に移植します。胚移植にはいくつかの方法があります。 このような流れで妊娠判定まて辿りつきます。 海外での体外受精と不安をもたれるかと思いますが、韓国在住の日本人コーディネーターがお手伝い致します

Read More
人工授精

人工授精とは? 人工授精 (AIH)は、女性の排卵日あるいはその前日 (超音波検査やホルモン検査などから決定)に、夫の精液を洗浄・濃縮し、 良質な精子を子宮内へ直接注入する方法です。 子宮脛内精子注入法(IUI)ともいわれ、運動精子の数や比率が少ない、 適切な性交ができない、タイミング指導で妊娠できないなどの場合が 適応となります。 人工授精の妊娠率は1周期あたり7~9%、また人工授精で妊娠が できた人の殆どは5~6回以内、特に1~2回目で妊娠をしています。しかし、人工授精を5回行なっても妊娠できない場合は、 体外受精ヘステップアップをします。 人工授精と体外受精の違い 人工授精は、体内で自然妊娠を成立させるための一般不妊治療の1つです。つまり、受精や胚の発育はすべて、体内で起こります。排卵日を特定して、その日に合わせて濃縮した精子を子宮の中に注入します 人工授精で確認が出来ない事  実際に精子が卵子まで到達できているのか? 正常受精が成立したのか? その後、どのように発育したか? 正しく子宮までたどり着いているのか?

Read More