今日は排卵注射についてのお話です。 排卵注射は絶対しなければならないのですか? 不妊施術を通して妊娠成功の為に今日もたくさんの不妊夫婦たちが病院を訪問しています。 不妊施術を進行している方たちなら”排卵注射”を受けられたことがあるかと思われます 。 直接受けられた多数の方が気になっている部分のひとつ かという部分。 この問題についてひとつひとつお話をしていきたいと思います 自然的に生理周期中に卵巣で卵子が排卵されるためには絶対必要なホルモンがあります。 それは LHホルモン です。 このホルモンの急激な増加があると排卵になります。 LHホルモンの急激な増加があった後正確に36時間後に排卵が起こります。 体外受精の為には女性に排卵された卵子を採取して男性の精子と合わせて胚を作ります。 女性にある、より多くの卵子を採取するか排卵がきちんと出来ていない場合女性の為に体外受精中、 LHホルモンの吸収を人為的に作られるために排卵注射を受けるようになります。 直接打つのが難しい場合? 排卵注射は家で直接打たなければいけません。 ひとりで注射を打つことに拒否感があるまたは難しいなどがある場合は、 病院に訪れて打つというのもひとつの方法です。 韓国に訪れた患者様も病院に直接訪れて打たれる方もいらっしゃいます。 当センターでもサポートさせて頂きますのでご安心くださいませ。 正確にいつ打つのがいいのでしょうか? 普通は卵子採取は午前中に行われることが多く、逆算して36時間前に適切な時間が分かります。 大体卵子採取の2日前の夜(34~35時間前)に排卵注射を打たれるのが良いです。 簡単に説明すると・・・ 今日が6月20日(月)で2日後の6月22日(水)午前9時に卵子採取をすることになっていれば、 排卵注射は6月20日(月)夜10時30分ごろに注射を打ちましょう。 でも注射打つのがとても嫌です!という患者様へ 先ほどお話した通り、体外受精内で排卵注射を打つ理由は排卵を起こすためです。 しかし、それより重要な利用をご存じでない方もいらっしゃるかと思います。 排卵注射が重要なもうひとつの理由は ≪卵子を最後に成熟されるための目的≫です。 卵子採取2日前の夜に、忘れられたりミスで排卵注射を打てなかったり、 正確な量を打てなかったなどがあった場合は、 卵子の採取が確実に出来ていない不祥事が起こったり、卵子採取をしても未成熟の卵子が出て妊娠成功に良くない影響を起こりうる可能性ります。 結論的に体外受精の施術中の排卵注射は的確な排卵誘導と卵子成熟の為に絶対必要な注射であります。 正確な時間に正確な量を注射されることをご周知くださいませ。

Read More

今日は排卵日の基本についてです。 排卵日は卵胞が裂けて卵子を排出する日を意味します。次の月の生理予定日から14日前が排卵予定日排卵日基準の5日前、2~3日後程度の期間が排卵期といい、この排卵期は’可妊期間’と思います。 そうではありません。卵子と精子がお互いに会って受精されてこそ、妊娠になるからです。排卵日という妊娠の確率がより高い日と思ってもいいです。特にや排卵日や排卵期に女性の卵子が出ており、卵子の生存期間は24時間で精子の生存期間は4~5日程度かということを必ず記憶しなければなりません。そのためにこの時期に合わせて関係を持つと妊娠の確率が高まるということです。 周期が30日の人を例をあげてみたら、最近生理開始日が6月25日だったら、次の生理予定日は7月24日になることです。次の生理予定日の14日前の7月10日がまさに’排卵予定日’になり、今後の5日と後の2~3日程度の7月5日~7月13日程度が排卵期と見てはなります。ただし、個々人の生理周期によって排卵日や排卵期は変わることもあります。 排卵期が来る前の時期である卵胞期があります。この時期は卵子が成熟し、排卵を準備する段階です。卵子を含んでいる卵胞が成長しているために卵胞期といい、この時期が過ぎた後排卵期となり、’プロゲステロン’が分泌され始めます。プロゲステロンは体内熱を生成するために体温の上昇が実施されるために普段より体温が高まり始めたとすれば、排卵が始まったと見ることができます。体温は、少なくとも4時間寝て起床直後、本格的な活動を開始する前に体温を測定することが一番いいです。最近、月経から次の排卵前までは体温が一時的に若干低くなって、排卵が始まり、体温が約0.2~0.4度程度上昇します。また、排卵は体温が上昇した1~2日の間に起きます。 排卵によって現れる多様な身体的症状にも調べることができます。腹痛や排卵血、気持ちの変化や乳房の痛みなど生理前症候群のような症状が現れれば、排卵期と見ることができます。しかし、このような症状がなく過ごしている場合もあり、盲信することはできません。 排卵が起こる前’下垂体’では’LH’という物質を分泌します。これは尿に排出されるために小便検査を通じて確認が可能です。この検査キットは’排卵テスター機’という名称で薬局で購入することができ、養成が出れば、12~36時間以内に排卵が始まるという意味であり、陽性反応が出た翌日に妊娠の確率が高くなります。 病院では血液検査を通じて排卵日を確認することができます。血中プロゲステロンの変化を確認する方法であり、生理周期が不規則だった時、産婦人科で超音波検査や血液検査などを通じて、卵胞の大きさなどの排卵の有無と、生理周期を測定することができます。

Read More