Skip to content
不妊治療 韓国病院エージェント
日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com

韓国IVFセンター 旅行

韓国での滞在は?

ご利用可能な宿泊施設   ●ノボテルアンバサダーホテル (Novotel Ambassador)       ショッピングモールが隣接したNovotel Ambassador はゆったりと便利に滞在を楽しむ事が出来ます。 ホテルの真横にAK PLAZA と ロッテショッピングモール(ロッテデパート・ロッテマート・ロッテシネマ 等) 多くの便利施設と隣接。特にAK PLAZAの地下食品街では、日本食品を数多く揃え、フードコートやデザート・パン・カフェも充実しております。 客室もタイプに合わせ、スペリオルからエグゼクティブ・スウィートクラスまでお気に入りの選択が可能です。 ホテルレストランはステーキが有名でホテル利用ゲスト以外の方々も食を楽しみに訪れる事で有名です。     ●ロフトのワンルーム 滞在2週間ほどでしたら、自炊できるこの様な環境が便利です。 洗濯機もあり、更に屋外にはテラスもあって居心地も良かったとの事です。 有難うございます~。 食事は体調に合わせて、自炊をされてました。 外に行けば、飲食店は沢山あるし、外食を沢山する韓国では 韓国食・日本食・フュージョンなど多彩な食事が楽しめます。 2週間の採取など長期滞在を希望される場合は こちらの様な場所をご利用いただけます。 自炊が出来て、洗濯機常備設置されています。          

Read More

産後ケアー施設

産後ケアー

産後ケアー施設 産後のケアーはどちらで? 出産は人生の大イベントです。母体は十分な回復の期間を経てこそ赤ちゃんも元気に育ちます。胎児を育てる為に栄養を惜しみなく与え続けた母体は十分な回復の期間といたわりが必要です。 韓国では出産後、回復養潦期間として90日間は体の回復に気を使うのが風習です。これを怠ると5年後10年後の健康に影響を及ぼすからです。 栄養バランスの良い食事・運動・精神面のケアー・育児の心構えなどは出産したからと言って、可能な事でしょうか?そこで、一般的に出産後は産婦人科を退院後その足で産後ケアー施設に約2週間ほど滞在するのが主流です。 産後ケアー施設では、赤ちゃんのケアーは基より、食事・体調の回復・育児の指導などトータル的にサポートをしてくれます。 これから始まる育児の為に、ケアー施設を通じて実戦で学べ、同じ時期に出産をした方達とも交わる事も出来き、育児の情報交換や体の回復と共に意欲を与えられ元気になれる場所です。 韓国での産後ケアー施設に関心がありましたら、お問い合わせください。 ご希望に合う施設をご紹介致します。

Read More

韓国IVFセンターへの渡航

日本から韓国IVFセンターへ直行便 韓国IVFセンター へ日本の主要都市から韓国の主要都市への就航便をご紹介。東京・大阪・名古屋・札幌(千歳)・福岡が主流で直行便があり、九州は特に韓国から近い関係もあって福岡・北九州・佐賀・大分・長崎・宮崎・熊本・鹿児島と8カ所に加えて最南端の沖縄へも直行便があり、人気を集めています。また、新潟・広島・仙台・高松(香川)なども就航しています。 飛行機会社は多彩で、フルサービスを受けれる大手飛行機会社からリーズナブルなLCCの飛行機会社も多彩に揃っています。 日本の航空会社: 日本航空JAL ・全日空ANA韓国の航空会社:アシアナ航空・大韓航空KAL そして、日本から韓国は最短距離の理由からフルサービスを抜かして、気軽に利用できるLCCタイプで”ピーチ航空”韓国からは”イースター航空” ”ジンエアー” ”チェジュ航空” ”ティーウェイ” ”エアープサン” ”エアーソウル””エアプサン”があります。 日本から、約日本から1時間40分なので、フルサービスチケットでは無く、LCCタイプの飛行機会社を利用される方も増えています。 韓国の飛行機会社はたまにイベントをしていますので、参加するれば安くチケットをゲット出来ます。 飛行機会社一覧 日本航空(JAL)  大手 全日空(ANA)  大手 アシアナ航空   大手 大韓航空     大手 韓国IVFセンターへ LCC (リーズナブルな便) イーススター航空  成田・関空・福岡 チェジュ航空    成田・関空・福岡 ジンエアー     成田・関空・福岡 エアーソウル       成田・関空・福岡・宇部・静岡・広島・ ティーウェイ        成田・関空・福岡 大手の飛行機会社とLCCの飛行機会社のメリット・デメリット 大手のメリット 受託手荷物 ファーストクラス/ビジネス32㎏・エコノミークラス23㎏ 機内持ち込み荷物 10㎏ 日本からも韓国に到着しても、空港内センターに近い発着なのでアクセスが良い 機内サービス充実(食事・新聞・映像鑑賞など) チケットの利用日付変更が可能 マイレージサービスあり 大手のデメリット チケットの金額が高い LCCのメリット とにかく、チケットが安い 飛行本数も大手に負けない 機内持ち込み10㎏ LCCのデメリット チケット日付変更が殆ど不可能或いは変更費用発生 マイレージ制度はない 受託手荷物は基本15㎏ (イベント格安価格は機内持ち込み10㎏のみ、受託手荷物無し) 空港内センターから遠い為、移動の時間が掛かる 機内サービス(有料・ワンサービス(水或いはジュース一杯)) 以上の様にサービスは様々です。どれを選択しても考え方ひとつです。最短の距離なので、LCCは観光旅行に人気の国際線です。 韓国へ到着したら、多くのリムジンバスが利用できます。特にソウル近郊へ向かうなら、車間15分位で、乗車金額1,200円ぐらい(ウオンで12,000ウオン)で便利に利用できます。所要時間も1時間から1時間40分ぐらいです。 因みに、私たちがご紹介する病院は空港から約1時間10分位です。

Read More
Scroll To Top