Skip to content
不妊治療 韓国病院エージェント
日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com

韓国IVFセンターへの渡航

日本から韓国IVFセンターへ直行便

韓国IVFセンター へ日本の主要都市から韓国の主要都市への就航便をご紹介。
東京・大阪・名古屋・札幌(千歳)・福岡が主流で直行便があり、九州は特に韓国から近い関係もあって福岡・北九州・佐賀・大分・長崎・宮崎・熊本・鹿児島と8カ所に加えて最南端の沖縄へも直行便があり、人気を集めています。また、新潟・広島・仙台・高松(香川)なども就航しています。

韓国IVFセンターへ

飛行機会社は多彩で、フルサービスを受けれる大手飛行機会社からリーズナブルなLCCの飛行機会社も多彩に揃っています。

日本の航空会社: 日本航空JAL ・全日空ANA
韓国の航空会社:アシアナ航空・大韓航空KAL

そして、日本から韓国は最短距離の理由からフルサービスを抜かして、気軽に利用できるLCCタイプで”ピーチ航空”
韓国からは”イースター航空” ”ジンエアー” ”チェジュ航空” ”ティーウェイ” ”エアープサン” ”エアーソウル””エアプサン”があります。

日本から、約日本から1時間40分なので、フルサービスチケットでは無く、LCCタイプの飛行機会社を利用される方も増えています。

韓国の飛行機会社はたまにイベントをしていますので、参加するれば安くチケットをゲット出来ます。

行機会社一覧

  • 日本航空(JAL)  大手
  • 全日空(ANA)  大手
  • アシアナ航空   大手
  • 大韓航空     大手

韓国IVFセンターLCC (リーズナブルな便)

  • イーススター航空  成田・関空・福岡
  • チェジュ航空    成田・関空・福岡
  • ジンエアー     成田・関空・福岡
  • エアーソウル       成田・関空・福岡・宇部・静岡・広島・
  • ティーウェイ        成田・関空・福岡

大手の飛行機会社とLCCの飛行機会社のメリット・デメリット

大手のメリット

  • 受託手荷物 ファーストクラス/ビジネス32㎏・エコノミークラス23㎏
  • 機内持ち込み荷物 10㎏
  • 日本からも韓国に到着しても、空港内センターに近い発着なのでアクセスが良い
  • 機内サービス充実(食事・新聞・映像鑑賞など)
  • チケットの利用日付変更が可能
  • マイレージサービスあり

大手のデメリット

  • チケットの金額が高い

LCCのメリット

  • とにかく、チケットが安い
  • 飛行本数も大手に負けない
  • 機内持ち込み10㎏

LCCのデメリット

  • チケット日付変更が殆ど不可能或いは変更費用発生
  • マイレージ制度はない
  • 受託手荷物は基本15㎏ (イベント格安価格は機内持ち込み10㎏のみ、受託手荷物無し)
  • 空港内センターから遠い為、移動の時間が掛かる
  • 機内サービス(有料・ワンサービス(水或いはジュース一杯))

以上の様にサービスは様々です。どれを選択しても考え方ひとつです。
最短の距離なので、LCCは観光旅行に人気の国際線です。

韓国へ到着したら、多くのリムジンバスが利用できます。
特にソウル近郊へ向かうなら、車間15分位で、乗車金額1,200円ぐらい(ウオンで12,000ウオン)で便利に利用できます。
所要時間も1時間から1時間40分ぐらいです。

因みに、私たちがご紹介する病院は空港から約1時間10分位です。

韓国IVFセンターへの渡航

コメントを残す





Scroll To Top