Skip to content
不妊治療 韓国病院エージェント
日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com

Posts Tagged ‘稽留流産’

稽留(けいりゅう)流産

妊娠10ヵ月の中で最も重要で、大変で危険な時期は皆さんご存じのように妊娠初期2~3ヵ月目です。 まず食生活と睡眠が最も重要で、カフェインを避けて、無理な運動は避けて銭湯などに行くのも避けなければいけません。このように妊娠した時には守るべきこと•気をつけることが沢山あります。 胎児が体内で死亡した後、外に出ず、子宮内にそのままいることを意味します。稽留流産の主な原因としては、染色体異常や子宮の奇形、内分泌障害、免疫学的異常などが取り上げられています。その他には妊娠中に薬物服用、ストレス、栄養欠乏など先天性奇形の原因なることもあります。また、過度にコーヒー、喫煙、飲酒をする場合、胎児に染色体異常を誘発することはないが、 自然流産が発生する可能性が高くなります。 症状も多様です。 大きく3つに分けてみると 1.聞こえない胎児の心音  2.少しずつ維持されるつわり 3.陽性反応が出ているテスト機 最初は妊娠の症状のつわり、乳房の痛みなどが急激に減少したと思ったら病院に訪問して胎児の声などを確認してみなければなりません。  二番目は普段のようにつわりするので、胎児が健康に育っていると考えがちですが、胎児が死亡した後、胎盤機能が落ちるが、つわりや乳房の痛みやその他に様々な妊娠の症状は引き続き維持されます。 最後に流産後も大半に機能が下がるためには、時間がかかるため、 稽留流産の状態では大半が出てこない限り、ほとんど妊娠反応検査で陽性と出て血液検査も陽性と出るのです。稽留流産は予防することが一番重要です。  妊娠初期普段生活には清潔に自分の体を管理して、先程申し上げたように無理な運動やサウナ、銭湯に行くのを避けなければいけません。当然、カフェイン、生もの、タバコの摂取も そして普段カルシウム、野菜、果物などをたくさん取り、睡眠時間を増やすことがいいでしょう。上記のような症状が現われたりしたら 迷わず病院に訪問しましょうね

Read More
Scroll To Top