Skip to content
不妊治療 韓国病院エージェント
日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com

Posts Tagged ‘子宮外妊娠’

不妊病院訪問時期

子供が欲しいのになかなか私に来てくれないと思うカップルは少なくないと思います。でも病院に行くまでじゃないかな?あと1ヶ月待ってみようと思う前にこちらご確認くださいませ。 Q;不妊病院にはいつ訪れるのがいいですか? A:子供を望む夫婦が正常的に関係を持っているにも関わらず、1年以上妊娠の便りがない場合は不妊を疑いましょう。 大概不妊で苦痛を持っている方たちはひとりで悩んでいらっしゃいます。 これよりも出来るだけ早く不妊病院へ訪問されて、正しい検査を受けるのが大事なのです。 大概女性の場合、35歳が過ぎたら妊娠能力が低下してしまうことにより 卵子の数や質も低下してしまいます。 早い段階で不妊病院へ訪れることで妊娠成功率を高めることができます。 Q;病院訪問前、チェック事項はありますか? A;妊娠病院へ訪れる前には女性・男性共にチェック事項があります。 初経の時期 生理周期・期間 生理の量・生理痛について などを確認しなければいけません。 これだけではなく、過去妊娠経験があるかも把握する必要があります。 泌尿器系の治療経験のあるなし 日頃の禁煙・飲酒 職場の環境の情報(科学薬品・放射能・運転・高温など) 結婚後避妊されていたか 妊娠の為に努力されていた期間 夫婦関係の頻度 過去手術経験 入院治療を受けたことがあるか 他の病院で妊娠検査や治療を受けた経験があるか このように不妊検査は全ての夫婦にとって適用されることなので、 不妊の原因を確実に調べるためには検査を絶対受けてください。 Q;いい病院はどのように選べばいいですか? A;不妊病院えお洗濯するときには経験が豊富な病院を探すことがなによりも重要です。 不妊の原因はとても多様で、一般的な治療では正確に把握することが難しいです。 その為、精密な不妊検査を行うために 不妊の原因をまず確認することができる設備が揃っている病院を選択するのがいいです。 韓国IVFセンターの提携病院では、 不妊治療についての特化した研究室・不妊治療の為の医療陣と研究陣が揃っております。 技術力と安全性が保障されております

Read More

子宮外妊娠が起こる原因

子宮外妊娠

皆様こんにちは。韓国IVFセンターです。 子宮外妊娠 , 最も頻度が高いところが卵管です。卵管は非常に狭く、壁が薄いので受精卵を育てることができる環境ではありません。 また、卵管が破裂したり、出血症状を引き起こす可能性があります。これは腹腔内の出血につながり、非常に深刻な状況を引き起こす可能性があります。 そうしたら間違って着床された胎児を正常に移すことができる方法はあるのでしょうか?残念ながら、現在の医学の技術では不可能な状況です。つまり子宮外妊娠をしたということは、流産をしたのと同じ意味になります。 子宮外妊娠をした場合、妊娠初期に突然激しい腹痛と膣の外に出血症状が伴われます。このような症状があった場合、すぐに病院にて精密検査を受けて下さい。子宮外妊娠を治療する方法は、大きく分けて薬物治療と外科的治療があります。早期に発見して卵管が破裂していない状態であれば、薬物療法によって十分に治療が可能です。 これらにより治療が困難な場合は手術が 必要な場合があります。 女性の体は非常に重要です。 自分の体を自分の価値を考えて管理していきましょうね 女性の体は新しい生命を誕生させることができるので、非常に特殊です。 そのためには自己の健康管理に注意する必要があります。しかし、昔に比べて開放された社会は喫煙をする女性の数が少なからず増えている傾向です。 喫煙は男性の健康にも打撃を与えますが、女性の体には致命的な副作用を引き起こすことがあります。そのうちの一つがまさに子宮外妊娠現象に非喫煙者と比較した場合、発生率が2倍近く高いことが知られました。 このように深刻な問題にも関わらず、女性の喫煙率は減少するどころか増加しており懸念の声が高まっています。もちろん情報不足というのが一番の問題ですよね

Read More
Scroll To Top