卵巣機能低下

卵巣機能低下 卵巣機能低下: 体外受精の施行する為には一般的に卵巣刺激の注射を打ち、幾つかの卵胞を育てるようになります。 この時 3個以下の卵子が採取である場合、または、いずれような状況が予想される診断を受けた場合を ‘卵巣機能低下’だと言います。 体外受精の施行する為には一般的に卵巣刺激の注射を打ち、幾つかの卵胞を育てるようになります。 この時 3個以下の卵子が採取である場合、または、いずれような状況が予想される診断を受けた場合を‘卵巣機能低下’だと言います。 それでは, 卵巣機能はどんな方法で評価することができましょうか? 1) 生理 3日目血液検査を通じて卵胞刺激ホルモン (FSH), 黄体形成ホルモン(LH),エストラジオール(E2)数値を測定します。 2) 超音波を通じて卵巣内で観察される同卵胞数 (antral follicle count)を check します。 3)AMH(アンチミューラリアンホルモン)数値を測定します。 女性は一定の数の卵子数を持って生まれて、年齢が増加するほど保有卵子の個数が減少します。 したがって一般的に年齢が高い女性であるほど卵巣機能低下の可能性が高くなるのです。 しかし、若い女性のうちでもこのような卵巣機能低下の所見が観察される場合があって持って生まれた遺伝的要因、生活習慣、食習慣および色々な環境的な要因による複合的な結果だと言えます。 卵巣機能が低下した女性は排卵注射に対する反応が減少しているので排卵誘発剤という注射により多くの数の卵子を採取できるのではありません。 このような女性の場合排卵誘発剤という注射投与なしに進める自然周期体外受精(natural cycle IVF)を通じて良い結果を受ける事が出来ます。 卵巣機能低下が原因で自然周期体外受精をご希望の方は是非、ご連絡下さい。 韓国の病院で行うことが出来きます。

Read More

早期閉経 直前でも、妊娠は可能なのでしょか? * 生理時にチェックしたFSH数値は10以下が正常で、卵巣機能が落ちれば10以上に上がるそうです。 早期閉経事実近頃は卵巣機能低下女性の方が思ったよりとても多くなっています。 卵巣機能低下は坑癌治療、放射線治療に義解誘発されたり染色体異常を持っている女性である場合が多いのですが、 近年では多くの卵巣機能低下女性の方は意外に’原因不明’という事が多いんです。 しかし、妊娠を助ける方法で、大部分は妊娠に成功されるそうです。 今回の状態ははAMH 0.01,そしてFSH数値が60を越えるほど卵巣機能がたくさん良くはなかった方のケースです。 昨年からはほとんど生理が不規則で.. 事実は’早期閉経’診断基準に該当する方でした。 そしてFSH数値が二回以上40超えてチェックされれば早期閉経で診断になってしまうそうです。 この方は幸いなことに月に予備卵胞が綺麗で、ホルモン数値(FSH)が良くはなかったが幸い卵胞が自力で成長しました。  この方は煮込んで排卵誘導が効果的でないことで判断して自然周期体外人工受精を進める、排卵誘導剤(ペマラ)だけ服用して血液検査(LH,E2)を施行して卵胞成長に適切な時期に成熟卵子1個をよく採取できたそうです。 3日後、新鮮はい芽移植を進めたし、その一個の胚が着床にし妊娠に成功されたケースです。 * 卵巣機能低下症 35~40歳で無排卵となり、多くの場合は無月経になります。原因によっては、もっと早期に無月経になることもあります。無月経になる前の段階として、月経周期が延長した稀発 月経の期間があり,この段階ではすでに無排卵になっていることが多く、 基礎体温は低温一相性(月経周期に高温期がなく、低温期のまま経過する)となっていることがほとんどです。

Read More