韓国IVFセンター 施設と設備

最先端の胚細胞培養器  – モデル名 : Geri インキュベーター Geri社インキュベーターは、2019年基準で、最新の優れた先進的な培養装置です。胚細胞培養インキュベーターは、子宮と同じ役割をし、胚を健康に発達させてくれる試験管施術の最も重要な要素です。これらの最先端の機器を使用して試験管の成功率を高めることができます。最新の培養インキュベーターを通じリアルタイムで胚を観察する事ができ、胚の発達過程をより正確に評価します。最新の培養インキュベーターを通じて温度、PH濃度を安定的に維持し、最も子宮に近い環境を造成し、最適の培養環境を提供することができます。 GERI社 インキュベーター(培養器)の特徴 Time-lapse Embryo Monitoring System(リアルタイム胚モニタリングシステム)の利点は、培養器に入った胚が外部に露出されず、継続して培養された後、移植当日に培養器から出てくるので、外部から受ける有害な影響から守られています。このような過程が可能な理由は、培養された胚のすべての発達過程が映像で記録し、コンピュータと接続されたモニターで胚を観察することができるからです。現存する最新のAI人工知能プログラムで胚の発達過程を正確に評価し、3日目の培養の時にすでに5日培養後の発達を予測し、正確に優れた胚を優先選別することができ、妊娠率の向上が期待できます。 自動環境調節培養器 – 最適の培養環境を最新のソフトウェアが自動的に助成します。温度、ガス、二酸化炭素、照明、湿度などの胚の成長に重要な環境要素などを最新のセンサーとプログラムを通じて自動的に調整します。 培養器内部別、空間で独立的にそれぞれの胚は培養され、相互間の干渉が少なく、それぞれに合った子宮に合った最適の環境を整えます。 2560 x1928ピクセルの解像度を持つ、最新のカメラでリアルタイム培養状態を評価し、管理されます。 革新的なデザインで、外部LCDウィンドウを通じて、胚の損傷をえることなく胚の状態の確認が可能です。 驚くべき成功率の上昇

Read More
IVF chamber

コリアIVFセンターでは、最高の体外受精施術の妊娠成功率と安全を目指しています。その為に以下のような最新の機器を紹介させて頂きます。 先進的な設備と最新の環境で、患者の皆様が大切で且つ健康な 体外受精用 胚を得る事が出来る為に努力しています。 IVF無菌培養室(IVF Clean Room) レーザーアシステッドハッチング機器 (Laser assist hatching 体外受精用 作業台 (IVF chamber)  微細操作術のための無振動テーブル (vibration isolation system) 精子 精密分析器 (CASA; computer assisted sperm analyser) 凍結及び保管の為の装備 (Cryopreservation) 細胞質内精子注入ための高倍率微細マニピュレータ (ICSI & IMSI: Intracytoplasmic Morphological Sperm Injection) 最先端の胚細胞培養器  – モデル名 : Geri インキュベーター IVF無菌培養室 IVF Clean Room 卵子と精子を受精する培養室は、各種の微細塵や細菌をブロックすることが重要です。このため、クリーンルームのエアフィルターシステムを備え、胚の体外培養時、適切な大気環境を構成しています。培養室の照明照度を下げて光の露出による胚の損傷を予防し、健康な胚の発達に高い培養成功率を期待することができます。 レーザーアシステッドハッチング機器 Laser assist hatching 胚は、いくつかの層のタンパク質膜で囲まれています。ところが、このタンパク質の膜の上の厚さよりも厚かったり、あるいは固体の場合には、培養過程で細胞が外側のタンパク質膜を貫通出ずに、着床に失敗する場合があります。この様な事から、レーザーアシステッドハッチング機器で外側の膜を人為的に切開してことで胚の孵化を助け着床率を向上させるための施術装置です。 体外受精用 作業台 IVF chamber…

Read More