Skip to content
不妊治療 韓国病院エージェント
日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com

男性の更年期知ってますか?

40代以後の憂うつ感?

男性更年期の疑い

20代に最も多かった男性ホルモンが30代以後、毎年少しずつ減少し始めるが、 個人別に差があり、男性ホルモンの減少がひどい場合、身体に変化が起こるようになります。 

日常的に歳のせい、 季節のせいにしやすい憂うつ感・ 無力感・ 疲労感などが40代以後発生し始めたら、男性更年期を疑ってみることもできます。

男性の更年期知

2013年40歳以上の男性534人を対象調査の結果だ25.6%の男性が男性更年期の症候群と診断されました。 総合すると、男性更年期症候群の有病率が、勃起不全に劣らず高いということなんです。

治療するかどうかはどのように決定するだろうか

血液検査で男性ホルモンの低下が確認され、男性ホルモンの低下と関連した症状が存在するなら、男性更年期症候群と診断が可能です。 

一般的にテストステロンが350ng/dl以上で頂上と診断して、230ng/dl 未満は治療が必要であり230~350ng/dl の場合には、症状の有無によって治療を決定することになります。

男性更年期症候群 自己診断リスト

1. 性欲が減少しましたか。

2. 無気力ですかか。

3. 筋力と持久力が減少しましたか。

4. 背がやや減少しましたか。

5. 生きる意欲と面白さが減少しましたか。

6. 悲しかったり癇癪(かんしゃく)の感情が強いですか。

7. 勃起力が減少しましたか。

8. 少しの運動量でも簡単に疲れますか。

9. 夕食後に眠気が頻繁にきますか。

10. 業務能力が減少しましたか。

1または 7の問に’はい’と答えたり、

 他の問中3つ以上で’はい’と回答した場合、男性更年期症候群の可能性あり。 可能性がある場合、血液検査が必要です。

深刻な合併症を誘発しかねない男性更年期

男性更年期を容易に考えてはいけない理由は、更年期による合併症が深刻なためです。 放置した場合、男性ホルモンの減少による体脂肪の増加、糖尿や高血圧、 心血関係疾患のような代謝性疾患が引き起こされる恐れがあります。

徐々に進行される男性更年期合併症

徐々に進行される男性更年期合併症


問題は女性とは違って、その症状が本人も知らないうち徐々に進行するということです。
 性欲減退、 勃起力低下といった性機能の変化が最も代表的な症状です。
 このような性機能以外にも身体の多くの部分が男性ホルモンと直接・間接的に関係しています。
 骨粗鬆症が深刻化し、骨折の発生の危険が大きく神経学的には睡眠障害が発生することがあります。
 また勃起不全と前立腺肥大症生じることもあります。
男性更年期の症候群

男性更年期の症候群は飲酒と喫煙, 肥満やストレスによって発生時期が繰り上げられる可能性もあるのでカロリーの高い保養食を食べ過ぎることよりは、バランスのとれた栄養素を摂取してください。また地道な運動で筋力を維持することも男性更年期予防に役立ちます。

コメントを残す





Scroll To Top