PGD 体外受精

体外受精をされる時、PGS / PGDの検査を受ける利点は? PGD / PGS 体外受精, 培養移植をされる前に ダウン症候群、筋縮症または貧血症のような特定の遺伝子検査をします。一般的に、遺伝性の高い病気を抱えている事を認識されこれから産まれてくるお子さんへリスクが高い可能性のある方へ効果的な検査です。 まず、この検査を受けることにより遺伝性疾患を胎児が受け継ぐことを防ぐことが出来き、または親となる患者へもリスクが減少します。 この様に多くの不妊治療センターでは、ご夫婦が特定の重篤な症状を保持しているかを判断する為に、血液の検査をして判断をします。 遺伝子検査を提供するシステムは、不妊治療で困難で複雑な思いを通過されている事を踏まえ、事前に医師の相談を通じてより良い治療法と検査の選択をします。 したがってPGD体外受精の成功率が高い理由です。 70〜80%の高い平均成功率を示しています。 不安を取り除き、新しい家族を迎える準備をしましょう。 * PGD/PGSとは何か? 着床前診断PGD(pre-implantation genetic diagnosis)患者の遺伝的/染色体の異常を見つける事が出来ます。着床前スクリーニングPGS(pre-implantation genetic screening)IVFの成功結果の有無と深い関係がある受精卵の染色体異常を調べる事が出来き、 着床の為の受精卵の細胞を検査して凍結保管をします。 その後、染色体異常の有無を分析し、検査のグレードの高い受精卵を選別して子宮に着床します。 正常と判定を受けた受精卵を安心して着床する事により、奇形や異常の確率が低い健康な赤ちゃんを出産する事ができます。 着床後に残った受精卵は保管後、再び着床の際や次の赤ちゃんをご希望の時に使うことが出来ます。 PGSを通じて、染色体異常を検査をする事ができます。受精卵は22組の染色体とXXまたはXYの性染色体を持つようになります。 例えば異常が発見された場合の受精卵は染色体が少なかったり、多いと判断をされます。 このような場合、着床失敗や流産に致命的な原因になります。 最もよく見られる異常が21番染色体異常(trisomy 21)で、 この場合、ダウン症候群の可能性があります。 その次にXO、XXX、XYYの様な性別染色体異常などがあり、その他にも多くの種類の方式があります。

Read More