Skip to content
不妊治療 韓国病院エージェント
日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com

Posts Tagged ‘子宮内膜症’

生理症状で見る子宮の健康

妊娠経験のある女性の50%が経験したことがあるものはなんでしょうか。 正解は生理痛です 下腹部の痛みの単純な生理痛なのか子宮健康が良くないために生じた痛みなのかを調べるには生理痛がどんな形で現れているのかをまず把握する必要があります。 37才の会社員Iさんは出産後、生理の血の量が多くなりました。その為生理ナプキンサイズも特大にかえました。貧血による目眩が生じ、生理痛も激しくなったので産婦人科を訪れた彼女は子宮腺筋症の判定を受けました。 22才の学生Sさんは初経後、全くなかった生理痛がいきなり現れました。排便•排尿が難しくなったので産婦人科へ向かいました。Sさんの病名は子宮内膜症でした。 3才の専門職Kさんは整理周期が不規則で時々不定期に子宮の出血を経験していました。ここ数年で生理の血の量が多くなり不思議に思っていた矢先に健康診断を受け、子宮筋腫という診断を受けました。 29才のフリーランサーTさんは生理周期の時期でないのにも関わらず、生理痛のような痛みが続いて産婦人科を訪れました。普段から下腹部の痛みが酷く、脇の分泌物で嫌な臭いがするというTさんの説明を聞いた担当医師は骨盤炎が疑われると検査を勧めました。 生理痛が続くようでしたら、検査をして子宮内疾患がないか確認されることをお勧めします。しかし特別な病症がなければ、生活習慣を管理しながら痛みを調和させることが一番いい治療法です。

Read More
Scroll To Top