Skip to content
不妊治療 韓国病院エージェント
日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com

Posts Tagged ‘不妊夫婦’

妊娠準備中なら食生活から見直そう

食生活って人間の身体にとって基本中の基本です。妊娠準備している女性たちも基本の身体から作っていくことが妊娠への近道です。 食生活から変えるとは一体どういうことでしょうか? 詳しくみていきましょう。 「健康な妊娠」のためには良い生活習慣を取っておくことが重要です。 特に「妊娠の可能性」と密接な食習慣を事前に知っておきバランスの取れた食事に少しずつ変えるように努力していきましょう。 BAD 白米・ジャガイモ・砂糖など精製された穀物ファーストフードや揚げ物などトランス脂肪が高い食品動物性たんぱく質酒とカフェイン 白米・ジャガイモ・砂糖など精製された穀物は、血糖指数が高い炭水化物!この食品たちは血糖値が上がる速度を上昇させインシュリン抵抗性を高め、排卵障害を引き起こす可能性があります。トランス脂肪も体内インシュリンレベルを高めて妊娠に影響を与える可能性があります。男性の場合、精液の質を低下させる恐れがあり、女性も妊娠率が低下して流産の確率を高めることが知られています。動物性たんぱく質も排卵障害と密接しています。出来るだけ赤身のお肉のような動物性たんぱく質の摂取量を減らし、豆腐・ナッツなど動物性たんぱく質に交換することをお勧め。女性が酒を飲む場合、卵子の数が減少し妊娠率も低下し流産の確率も2倍以上高くなります。男性も精液の状態が悪化して精巣が萎縮されて勃起不全誘発の可能性があり注意が必要です。コーヒー・茶・チョコレート・炭酸飲料などを介して摂取することになるカフェイン。カフェイン150㎎~300㎎は流産率を3番高め300㎎以上はなんと16倍も流産の確率が高くなります。そのため摂取は一日100㎎以下にしましょう。 GOOD 玄米・麦・オートミールなどの穀物オリーブオイル・ナッツ類・青魚などは不飽和脂肪、葉酸、鉄分、ビタミンD 皮のみ除去された状態の穀物は精製された穀物よりも血糖指数が低くなります。特に玄米には、老化を予防する抗酸化成分のビタミンEと炭水化物をエネルギーに変えてくれるビタミンBが豊富であり、血中コレステロールを下げてくれます。体によい脂肪は不飽和脂肪!植物性不飽和脂肪は、オリーブオイル・ナッツ・種子に多くサーモン・ニシンなど青魚は動物の不飽和脂肪はもちろん、オメガ3、オメガ6も豊富です。緑黄色野菜・フルーツ・豆・穀類に豊富な葉酸は、細胞分裂とDNA合成に必要な成分です。その為、妊娠準備中または妊娠初期の女性は胎児の神経管欠損の予防を目的とし葉酸を食べることが良いです。鉄分の摂取は、排卵要因による不妊減少効果を得ることができます。フルーツ・野菜・豆・煮干し・卵を介して摂取することができます。また最近ビタミンDが不足すると、妊娠率が低くなるという事実が明らかになりました。ビタミンDを積極的に摂取しましょう。

Read More
Scroll To Top