私に残っている卵子数の数は? SOO씨 (33歳, 女)  3ヵ月後に結婚を控えている新婦です! 結婚前に卵巣年齢を調べるのがいいと思い、卵巣年齢検査を受けてみました。 検査の結果、実際の年齢よりも高い30代後半に出たのです。 新婚という甘い夢を見て存分楽しんた後に妊娠の準備しようとしたが… 妊娠・出産計画をちょっと急ぐつもりです。  女性の妊娠可能力は20代半ばに最も高く 35歳以降に急激に低下するのです。 40歳以上の自然妊娠の可能性は5%程度です。 色々な理由で結婚と妊娠を先送りにしてきた女性が 自分の妊娠可能力を心配するのもこのためです。  このような懸念で最近未婚女性の間で卵巣年齢検査 つまり、抗ミュラー管ホルモン検査(AMH)が流行しています。 AMHは排卵された卵胞の構成細胞から 分泌されるホルモンです。このホルモンを介して卵巣の卵胞と 幼い卵胞の数を把握し、卵巣年齢を測るのです。 女性に残り卵子の数は 人生設計のための重要な指標となります。  キャリア計画 妊娠∙出産時期を判断する 閉経時期予測 女性の健康管理  卵巣機能を低下させる主な原因は老化。 しかし、20〜30代の若い女性も喫煙・飲酒など 生活習慣、ストレス、環境ホルモン、肥満などの要因で 自分の年齢よりも卵巣の老化が より早く進行されていることがあります。  卵巣年齢を必ずチェックしなければいけない場合はこちら。  1.卵巣・卵管関連手術の経験があるかその予定の場合 2.悪性腫瘍(がん)で手術や抗がん・放射線治療が必要な場合 3.早期閉経のリスクがある疾患や特定の遺伝性疾患を持っている場合 4.月経の不順・ひどい生理痛・頻繁骨盤炎など妊娠に影響を与える症状がある場合  満25歳以上の女性であれば、 2〜3年周期でAMH検査を受けることをお勧めします。 AMH検査所要時間は30分〜3時間程度であり、 他の卵巣機能検査とは異なり、 月経周期に影響を受けない 心の準備さえ出来たらいつでも検査を受けることができます

Read More