体外受精 施術 成功率を 上げる 治療 3段階

韓国IVFセンターが提案する韓方治療

体外受精準備の為の 漢方治療

着床の成功率を高める為の韓方治療の効果は、体外受精を受ける回数を減らし母体の為に漢方薬で着床率と成功率まで高めます。

今日、人工授精や体外受精の技術が発展するにつれて、 ホルモン療法などを通じ排卵を誘発し授精率を高め子宮内に移植が可能になりました。しかし、着床率を 高める方法はまだ見つけられていません。 受精卵を培養して、子宮内に移植しても着床が上手くいかず、着床したとしても妊娠の維持が出来ず結果的に、流産してしまうケースも少なくありません。

こんな時に必要なのが、体外受精を成功する為に重要な『着床促進治療法』です。西洋医学では限界がある部分を韓方医学で補います。

漢方治療の魅力は、体の自然治癒力を助け本来の機能を良くする事が出来る事です

韓国IVFセンターが提案する韓方治療は、不妊と関連した数十年の治療経験と数多くの研究と成功実績がある専門医が治療を致します。
漢方科博士号(韓方医)を取得した漢方医学専門医師が個々の患者の身体と体質に合った韓国IVFセンターの韓方治療は、不妊と関連した数十年の治療経験と数多くの研究と成功実績のある専門医が診療を受けます。 韓方科博士号を持つ韓方医学専門医師が患者の個人別に身体と体質に合わせた処方(安泰薬、着床湯など)をしますので、より安心をして、信頼を受けた個々の薬を服用を受ける事が出来きます。

補助生殖施術にて女性の生殖機能が低下している状態で施術を行い、その過程を繰り返すなら、卵巣機能は低下し卵巣と子宮の状態は更に後退化します。

補助生殖施術(人工授精,体外受精 施術)の 成功率を上げる 3段階 治療を通じて 健康な出産が出来る様にサポート致します。

STEP1(卵子採取 1~3ヶ月前)

妊娠環境を最適化, 個人適合型の韓方薬を服用

  • 体を均衡に戻し、腸部位の機能を補強し副作用を最小限にし、生殖機能を強化

  • 子宮と卵巣機能を改善

  • 生殖機能 強化

  • 五臓六腑機能改善

  • 体力強化

  • 免疫力増加

STEP 2 (卵子採取 15)

着床率の向上施術副作用を最小化 = 着床湯服用

  • 胎児が良く育つ為の母体の環境を形成

  • 丈夫になった子宮内膜と子宮内環境で受精卵の着床率を向上

  • 受精卵の着床率を向上させ着床湯服用(着床湯=着床準備専用漢方薬)

STEP 3 (着床成功 後 5日~以降)

流産防止 安定薬 服用

  • 強化された生殖機能により、流産の危険を低下させる

  • 着床の成功後は、着床の維持を助ける

  • 安定薬の処方を通じて妊娠維持

体外受精施術を準備状態と個人の生殖機能の状態によって11のオーダーメイド処方です。

1段階治療をされなかったとしても2,3段階の治療が可能です。

体外受精施術の時、排卵誘導プログラムを始める前に漢方薬の服用を中止するので、施術への副作用へ影響を与える事はありません。

着床時期に漢方着床湯を処方する理由は?

1.胚の質を向上

2.子宮内膜の需要性を増加

韓国IVF 漢方 着床湯の長所

韓国IVF 漢方 着床湯とは、胚の質を向上し子宮内膜の受容性が増加する事から、受精卵の着床率も向上します!

卵巣機能強化の向上により(AMH数値上昇) 排卵障害を正常化し、 排卵される卵子の数を増加させる。

体の均衡を整え子宮と卵巣の機能を強化し質の良い卵子と胚を育てます。

子宮内膜の受容性を増加させ、血流の増加を助け子宮内の環境を改善及び子宮内膜の質を向上させ胚が安全に着床する様に助けます。

  • 卵巣機能強化 (AMH数値上昇)

  • 排卵障害を正常化

  • 排卵出来る卵子の数の増加

  • 体の 均衡 を子宮と卵巣の機能を補強

  • 質の良い卵子、胚の生成

  • 子宮内膜の受容性を増加させ血流を増加

  • 子宮内環境の改善及び、子宮内膜の質を向上

  • 胚の安定した着床率への助け

  • 着床率を向上させるため

  • 体外受精施術の成功率を向上させる為

  • 母体の環境を最適な状態を作る

  • 胚の着床を安全に行う

  • 健康に回復された子宮内の環境に健康な胚が着床

  • 妊娠が維持される確率を上げる(流産予防)

  • 卵巣機能を考慮せず繰り返し行う施術により、低下した卵巣機能と荒廃した子宮状態を復元

体外受精の成功率を向上させる為には事前に漢方治療が必要です

体外受精施術を始める前に漢方治療で事前治療をするなら。

  • 胚の着床を安全に行う為に母体の環境を最適に整える事が出来ます。
  • 健康になった子宮内環境に健康な胚が着床したら、妊娠を維持(流産防止)の確立を高めます。
  • 卵巣機能回復期間を考慮されていない状態で、頻繁な施術により低下した卵巣機能と荒廃した子宮の状態を復元します。

 

 

体外受精施術前の漢方治療は特に、この様な方へ役立ちます。

  • 子宮内膜が薄く付着されていて、着床が困難な方
  • 妊娠を望む女性の年齢が著しく高齢妊娠の方
    (31歳以降の女性50%が妊娠力低下)
  • 頻繁流産をされ、妊娠維持に困難な経験をされた方
  • 繰り返す施術により、着床を失敗する方
  • 冷凍胚移植の成功率が低く、冷凍胚移植を控えていらっしゃる方
  • 卵巣機能の低下に採取された卵子、胚の数が少なく、その質が低い方

事前 漢方検査

hann1

ユビ脈派

uBiomacpa

指先の毛細血管のメクパを分析して血管の健康状態を測定します。

hann3

自動パルガン分析ABR

(Autonomic Bioelectric Response)

体に流れることより少し強い電流で刺激を与えて人体に流れている微細電流を確認します。 身体の自律神経反応程度を確認して分析します。 漢方の伝統診断方法である八綱-表裏、寒熱、虚実そして陰陽項目を現代科学の客観的データで確認できます。

hann2

検査Medira

人体の自律神経均衡状態を分析する検査です。

hann4

赤外線体熱検査DITI

(Digital infrared Thermal imaging )
人体から出る非常に少ない量の赤外線を感知して、体が痛みを感じる部位と弱い部位の微細な温度変化を測定します。 漢方医学で重要視する末梢の血液循環と熱意分布を直接確認できます。