体外受精前フローラ(微生物)検査

微生物フローラ検査と適切な治療で妊娠率の向上を期待することができます。

●フローラって何?

「フローラ」は、細菌の集合体であり、子宮、大腸、質など様々な身体器官に菌が存在して、様々な細菌のその集合体であるフローラを作っていることがわかりました。

●フローラが乱れると体外受精時にどの様な影響があるのか?

  • 腸・子宮・膣内にはラクトバチルス系の細菌が豊富に存在しており、 細菌性膣炎と性病、尿路感染症の原因となる細菌を繁殖させないように働きかける努力をしていると言われています。
  • 子宮内雑菌が繁殖細菌感染を持続すると、炎症の症状が慢性的で、感染症に対する免疫活動も活発化し受精胚を異物として攻撃する可能性が指摘されています。
  • 一般的に、身体はラクトバチルス菌という有益菌が優勢であり、普段の悪玉菌が接近出来ない様に働き、妊娠出産に適した子宮内環境を維持していると考えることができます。

●フローラ検査で何がわかるのだろうか?

フローラ検査で身体器官の健康状態を確認出来ます。
特に膣と子宮・大腸などの内部臓器器官のフローラの状態を確認して体外受精にて受精卵を子宮に着床する時、身体が適切なフローラ環境になっているかどうかを確認することができます。

身体の状態が良い時(ラクトバチルス菌が90%以上を占めているとき)に胚移植をすることで、着床成功率を上げることができます。

善玉菌「ラクトバチルス属」が妊娠に大きな影響を持つ事が判明

フローラ(微生物)検査

●体外受精、着床に成功した人は、フローラの構成がラクトバチルスを大多数に占めていました。
逆に、体外受精、着床に失敗した人々は、ラクトバチルス内以外の有害菌が多く増殖しました。妊娠のためにはラクトバチルスが豊富である程、妊娠しやすいことがわかります。

ラクトバチルス / ビフィドバクテイリウム / プロビオニバクテリウム
ガードネルラ / ストレブトコッカス / ベイノネラ / その他

原因不明の着床失敗中フロラ問題があり得ます。

有益菌と有害菌のフローラのバランスが悪いと、より良い状態に改善しなくてはなりません。ですから、原因不明の不妊だった方に着床成功率を高め、良い結果を期待する事が出来きます。

研究結果、乳酸菌の割合が90%以上の群と90%以下の群で体外受精の成績を調査した結果、乳酸菌が90%以上の群では、着床成功率が約2.5倍で出産率は約10倍高かった。この結果は、子宮内乳酸菌の減少が不妊の原因になることがあり、体外受精では、着床障害の原因がある可能性も示しています。

子宮内のラクトバチルスと妊娠率

フローラ正常群
%
妊娠率
フローラ異常群
%
妊娠率
フローラ正常群
%
生児獲得率
フローラ異常群
%
妊娠継続率
フローラ正常群
%
妊娠継続率
フローラ異常群
%
生児獲得率
スペインのIVI Valenciaクリニックで体外受精をした患者35人を対象に、子宮のフローラを検査して着床と妊娠成績に影響を与えるか調査した結果、「子宮フローラ正常群」「妊娠率」「妊娠維持率」「正常獲得率」すべての意味のある結果が出ました。(Moreno et al、AJOG2016)
乳酸菌 90 % 以上
予備的な結果は、2015年3月25〜28日にカリフォルニア州サンフランシスコで開催された第62回生殖調査学会で発表されました。
子宮内のラクトバチルス菌の割合
不妊治療を受けている102人、健常者7人を対象に、子宮と膣の細菌を調査した。
不妊治療を受けている女性では、子宮と膣のラクトバチルス菌が減少していることが分かった(グラフは子宮のデータ)。京都アートクリニックとの共同研究。日本の生殖医学会の共同論文

フローラは改善する事が出来る

適切な処方と補助療法を介して数週間ぶりに改善されることがあります。一般的に不妊女性の子宮に有益菌であるラクトバチルスが少ないという結果が出ており、ラクトバチルスを増やすと、胚移植の成功率に良い影響を与えることができます。胚移植をする前に、フローラ検査で、もし検査結果が良くない場合は、着床前フローラを改善させて着想成功率を高めて見ています。

 

良質フローラを日常生活から維持するよう努力が必要

人体に存在するフローラはすべての臓器の機関と関連があるので、大腸などの腸内環境と質の内部などの生殖器官の環境が良くなると、子宮の環境も改善されます。

 

[身体内 細菌(フローラ)の改善のの方法

  • 綺麗な周辺の環境
  • 発行食品の摂取
  • 有機農食品の摂取
  • 周囲の人達や家族もフローラを維持
  • ストレス解消
  • 日頃から適度な運動
  • 悪玉菌を遠ざけ善玉菌を育てる優秀なサプリメントを摂取
  • 繊維質が多い食料の摂取
  • 慎重に抗生物質の使用
  • 慎重に膣清浄剤を使用

 

韓国 IVF フローラ検査の特徴案内

1. NGS次世代の染色体分析方式の全数フローラ検査

韓国IVFセンターでは、妊娠の準備のために、事前に最新の方式のフローラ検査を実施しています。NGS最先端機器を使用して、体全体にまたがる検体中の菌のDNAを全数調査します。従来の方式では、検査することができなかった菌についても詳しく全数検査することができ、体の内部器官のフローラ環境を詳しく把握し、それに応じて適切な治療を行うことができます。検査結果をもとに専門医が診断し、フローラを改善する方法は、最新の乳酸菌などを提供しています。

2. 漢方療法、自然強化療法などの相互補完により、更に高速の健康な体と子宮を持つように努力します。

3. 提供をし、最新の開発されたプロバイオティックス有益菌カプセルの利点

  • 女性の膣の健康と腸の健康を集中ケアする、女性特化で設計された高度なプロバイオティクス
  • 腸、そして膣まで生き残って定着する作用メカニズム
  • SCI論文を含む、いくつかの適用試験を通じた女性の膣の健康機能性の効果を証明
  • 世界プロバイオティクス企業クリスチャン・ハンセンの研究で誕生した女性特化配合比の設定
  • ラクトバチルスなどを含む全13種の様々な乳酸菌が相互補完的に配合、1回有益菌保証菌数200億匹/1回カプセル
  • 胃酸からプロバイオティクスの保護(インテクティック技術)
  • ユダンベクと人工添加物を入れていない低刺激性(Hypoallergenic)フォーミュラー
  • プロバイオティクスの成長に役立つフリーバイオティクス配合
最新の開発されたプロバイオティクス有益菌カプセルの利点

韓国IVFセンターでは、有益菌を補う事により、より高い移植成功率が期待出来る事に基づき、ラクトパシルスを含めた、13の有益菌を体全体と子宮の健康改善の為に摂取の称賛をし、提供をしております。