日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com
hjhk

習慣性流産

 

満35歳以上又は、2回以上の流産経験が有る場合はこれ以上の流産を防ぐ為の予防治療が必要です。

<習慣性流産の原因>

  • 遺伝的要因による染色体異常
  • 解剖学的要因による子宮内膜と子宮頸管無力症、子宮奇形、子宮筋腫
  • 免疫力の要因
  • 内分泌的要因 糖尿・甲状腺など抗体の不足
  • 感染又は、原因不明の要因 子宮内で微生物感染や原因不明の場合

<韓方治療の方法>

  • 生殖器機能の向上
    生まれもって生殖器機能が弱かったり、内膜が薄受精卵を育てる気力が低下している場合。
    特に女性の年齢35歳を過ぎると妊娠の確率が一段と低下する為、妊娠はしても流産に至る確率が高い為、生殖器機能を高める治療が必要です。
  • 全般的な気力の強化
    忙しい日常生活の中で、過労など気力の低下で母体の健康も弱くなる事が多々あります。持病によって、または甲状腺の機能低下などの病的な部分の影響を強化する治療をします。
  • 循環障害
    子宮に老廃物の増加などの障害で受精卵を育てる状態が整っていない事から、子宮を温めしっかりとした子宮を再生し妊娠に相応しい子宮環境を整えます。

♦習慣流産の治療後は自然分娩85%の成功確率(実例)
 二回以上の流産を繰り返した患者が約3ヶ月程の韓方治療後85%が妊娠をし、健康な出産を経験をしています。
結果、流産率を2倍以上も低める結果が出ています。

 

<漢方薬の安全性>

胎児に薬の影響が及ぶ事を心配される方々へ、ご紹介する韓医院はGAP認定・食薬定期的に重金属・残留農薬の検査を行っています。よって、漢方薬(韓方薬)は妊婦にも胎児へも信頼出来る薬を提供しています。

流産治療

 

<流産後の重要性>

流産と言っても種類は様々でその治療方法も異なってきます。
流産は出産よりも体に影響があり回復へも、多くの気を使わなくてはなりません。症状が無いからと言って、日常生活にいきなり戻ってしまったら後が大変です。
ただ、体を休め温かくしているだけで十分な回復が可能でしょうか?
韓国では、流産も出産と同じと見なし、産後のケアーもおよそ90日間の時間を掛けて徐々に日常生活に戻して行きます。もし、妊娠を願うのなら 流産の体を大切に治療し、次なる妊娠へのステップの為に備える事が優先です。

 

<流産の種類>

  • 習慣性流産
    過去に連続2回以上、又は妊娠20周前に3回以上の自然流産を繰返した経験がある。
  • 切迫流産
    妊娠前半22週未満で妊娠は確認されている中で膣の出血や下腹部の 痛みが伴う症状を言います。この場合、流産になり掛けている切迫状態を意味します。
  • 稽留流産
    妊卵や受精卵又は、胎児が既に死亡しているのに、子宮内にとどまっている状態を言います。この流産は母体ではハッキリした自覚症状が無い為、分かりにくい事があります。

♦出産後の管理 

子宮:妊娠前より500倍広がった子宮は出産後、約4週間かけて妊娠前の状態の大きさに戻り始める。

おりもの:出産後2~3週ほど子宮の収縮と供に多少の痛みを感じます。
子宮から分泌され、初期には血液が余り出ず、薄い色でおりものと一緒に出始めます。

乳腺の変化:初5日間 発生するホルモンにより、初期の母乳はたんぱく質が多く含まれます。

リラクシンホルモン:妊娠後後半期からリラクシンホルモンが全身を覆うので少し動いただけでも、関節の痛みを感じ自然分娩・帝王切開の関係無しに産後痛風に掛かりやすい環境かを保護します。

 

Q:産後の漢方薬の服用は何時頃がベストですか?
A: 服用は産後、早ければ早いほど母体の回復を助けます。出産に伴って老廃物の除去又は、子宮疾患の原因を排出して子宮内の子宮と全身間接の回復に妊娠痛風を予防出来ます。

Q:母乳授乳中で漢方薬を飲んでも大丈夫ですか?
A:母乳を飲む赤ちゃんへの影響が無い漢方薬を使用し、母体の免疫力を高める成分によって母乳を飲む赤ちゃんも同時に健康な体力を整えます。