Skip to content
不妊治療 韓国病院エージェント
日本) 050-5806-2920 / 韓国IVFセンター E-mail: info@koreaivfcenter.com

出産後管理

出産後の体の変化!

子宮:妊娠前より500倍広がった子宮は出産後、約4週間かけて妊娠前の状態の大きさに戻り始める。

おりもの:出産後2~3週ほど子宮の収縮と供に多少の痛みを感じます。
子宮から分泌され、初期には血液が余り出ず、薄い色でおりものと一緒に出始めます。

乳腺の変化:初5日間 発生するホルモンにより、初期の母乳はたんぱく質が多く含まれます。

リラクシンホルモン:妊娠後後半期からリラクシンホルモンが全身を覆うので少し動いただけでも、関節の痛みを感じ自然分娩・帝王切開の関係無しに産後痛風に掛かりやすい環境かを保護します。

 

Q:産後の漢方薬の服用は何時頃がベストですか?
A: 服用は産後、早ければ早いほど母体の回復を助けます。出産に伴って老廃物の除去又は、子宮疾患の原因を排出して子宮内の子宮と全身間接の回復に妊娠痛風を予防出来ます。

Q:母乳授乳中で漢方薬を飲んでも大丈夫ですか?
A:母乳を飲む赤ちゃんへの影響が無い漢方薬を使用し、母体の免疫力を高める成分によって母乳を飲む赤ちゃんも同時に健康な体力を整えます。

 

 

 

 

Scroll To Top